著作権ディレクターがパーメンクマムの歌と音楽のロイヤリティについて語る
マカッサルのアンゴロ・ダサナント著作権・デザインディレクター(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - 著作権・デザイン局長のアンゴロ・ダサナントは、南スラウェシ州マカッサル市に出席し、歌および/または音楽著作権使用料の管理に関する2021年政府規則第56号の実施に関する2022年法・人権大臣(Permenkumham)第9号の規則について議論しました。

日曜日のマカッサルでの彼の声明に基づいて、昨年4月に発表された最新の規制は、集団管理研究所を通じて、音楽や歌の分野におけるロイヤリティ権の管理に関連して、南スラウェシの音楽と歌の芸術の俳優やユーザーと議論されました。

「昨年4月、2022年のパーメンクマム番号9が発行され、コミュニティの法的発展のニーズに適応するために以前のパーメンクマムに取って代わりました」と彼はアンタラから引用した。

ロイヤリティ管理とは、曲や音楽の著作権ロイヤリティの撤回、収集、および配布です。一方、ロイヤリティは、作成者、著作権者、および/または関連権利の所有者が受け取った作品または関連権利製品の経済的権利の使用に対するトヤルティまたは報酬です。

アンゴロ氏は、政府は法と人権省の知的財産総局(Kemenkumham)を通じて、合理的な権利を得るために、ソングライター、ミュージシャン、およびその他の関連権利の経済を改善しようとするのを止めていないと述べた。

ロイヤリティの撤回は、商業的な性質の公共サービスの形で歌および/または音楽のユーザーに対して、国立集団管理研究所(LMKN)によって行われます

この規則のLMKNは、著作権法に基づいて大臣によって設立された非APBN政府補助機関であり、ロイヤリティを撤回、収集、配布し、曲および/または音楽の分野における関連権利の作成者および所有者の経済的権利の利益を管理する権限を有する。

「現在のLMKNはインドネシアで登録された11のLMKの組み合わせであり、政府は誰が占有するかを妨げず、政府はLMK経営陣の構成に関連する民主的原則を提供する」とアンゴロは説明した。

一方、南スラウェシ州法・人権省のリベルティ・シティンジャク長官は、南スラウェシ地域の法・人権大臣の代表として、歌および/または音楽の著作権ロイヤリティの管理に関する2021年のPP第56号が、曲および/または音楽の経済的権利に対する関連権利のクリエイター、著作権者、および所有者、ならびに歌および/または音楽を商業的に利用するすべての人に法的保護と確実性を提供するために発行されたことを明らかにした。

音楽および/または曲のロイヤリティを支払う義務に関する取り決めは新しいものではありません。この場合、音楽/曲をビジネスで使用するビジネスアクターのユーザーの義務は、著作権に関する法律第28号に明示的に記載されています

Liberti Sitinjakは、PP 56/2021は、レストラン、カフェ、映画館、ホテル、ラジオ、ショップ/スーパーマーケット、テレビ、カラオケなど、事業活動で行われる歌や音楽の使用に対してロイヤリティを支払うために必要な商業公共サービスの種類を規制しています。

「一方、零細・中小企業(MSME)については、PP 56/2021は、零細・中小企業(MSME)については、零細・中小企業(MSME)の関係者の能力に合わせて調整されるようにロイヤリティ関税の軽減が適用されると規制している」と、南スラウェシ州法・人権省の局長は述べた。

法務・人権サービス部門の責任者であるヌル・イチワン氏は、2022年から2025年までの期間の国立集団経営研究所(LMKN)の委員10人が、6月20日にエドワード・オマール・シャリフ・ヒアリエジ法・人権副大臣によって就任したと付け加えた。

問題のコミッショナーには、アンドレ・ヘハヌサ、ダルマ・オラトマングン、ワスキート、マッキ・オマール、ティト・スマルソノの5人のLMKNクリエイター・コミッショナーが含まれます。次に、LMKN関連権利の5人の委員、すなわち、バーナード・ナインゴラン、イッケ・ヌルジャナ、ジョニー・マウカー、イェシー・クルニアワン、マーセル・シアハーン。

LMKNとLMKの監督チームには、カンドラ・ダルスマン、エンテン・タナマル、ユロド・サレハ、アンゴロ・ダサナント、T・ウェナス、ローマ・イラマ、ルディ・ヒダヤット、カルジョノの8人のメンバーもいます。

このディスカッションでは、LMKN Dharma Oratmangun会長、LMK SELMI会長、Jusak Setiono、法律実務家のHasbir Paserangiからスピーカーが登壇しました。また、法務サービス責任者のモハマド・ヤニと彼のスタッフも出席しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)