エアバス、中国に水素エネルギー研究センターを建設
イラスト - エアバスの航空機(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - フランスに本拠を置く航空機産業Aribusは、中国に研究開発センターを建設する。

センターは江蘇省蘇州に建設され、水素エネルギーインフラの開発に焦点を当て、エアバスの経営陣は日曜日に中国の放送メディアによって語ったと引用された。

エアバスは、この代理店を通じて、デジタル化と人工知能プログラムもアップグレードします。

エアバスは、蘇州の研究開発センターを2023年に稼働させることを目標としています。

エアバスは蘇州工業団地とともに、金曜日にプスリトバンの建設に関する合意書に署名した。

この突破口はまた、エアバスの中国への投資に対する長期的なコミットメントを確認するものだ、とエアバスは述べた。

「中国は有望な航空市場を持っているだけでなく、多くの分野で高度な技術的優位性を持っています」と、エアバスチャイナのエグゼクティブバイスプレジデントとしてのジョージ・スーは日曜日にアンタラから引用しました。

高品質のビジネス環境、優れた産業チェーン、豊富な人材を活用して、中国の航空産業の発展に共同で貢献したいと考えています。

エアバスは北京に航空機部品技術エンジニアリングセンターを構えており、広東省深セン市の相互接続データセンター、5G、電子部品に直接関係しています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)