BMKGが早期警報を発令、6月28日まで、NTT海域で2~3.5メートルの高波が発生する可能性がある
イラスト - NTTクパン市の海岸付近で高波を目撃する住民たち。(間)

シェア:

クパン - テナウ・クパン海事気象ステーション 気象気候学・地球物理学庁(BMKG)は、6月28日までの今後3日間、東ヌサトゥンガラの海水に衝突する可能性のある3.5メートルの波の早期警報を発令しました。
 
「フェリー航行のリスクが高いため、2.5〜3.5メートルの範囲の高波の可能性に注意する必要があります」と、アンタラ州クパンのテナウ・クパン海洋気象ステーションBMKG Syaeful Hadiの所長は6月26日日曜日に語った。
 
高波に見舞われる可能性のある多くの水域は、西のスンバ海峡、南のサウ海、スンバ・サブの南のインド洋、クパン・ローテの南、クパン・ローテの南の海域です。
 
これらの高波の可能性は、船舶の安全を危険にさらす可能性があるため、船舶オペレーター、特にフェリーに注意する必要があると彼は言いました。
 
さらに、他の多くの水域、すなわち東スンバ海峡、北サウ海、アロール・パンタル海峡、クパンローテの北海域など、1.25〜2.5メートルの波に襲われる可能性があります。
 
「この波の可能性は、はしけや漁船の航行に高いリスクをもたらすため、注意する必要があります」と彼は言いました。
 
 
さらに、Syaeful Hadiは、総観的な条件がインドネシア南部の風のパターンが主に10〜25ノットの速度で東から南東に移動していることを示したと説明しました。
 
彼は、BMKGによって運ばれた水域の気象条件を監視し続け、それが海運活動の参考になるように、ボートオペレーターと漁師に強く促した。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)