マールフ・アミン副大統領、インドネシア最終共和国を肯定、ヒラファトゥル・ムスリムを逸脱者と呼ぶ
Ma'ruf Amin副大統領は、水曜日(22/2/2022)に西ジャワ州ブカシにあるイスラム・アラビア語研究センター(PUSIBA)ビルの発足後にプレス声明を発表しました。ANTARA/HO-BPMI セトワプレス

シェア:

ジャカルタ - マールフ・アミン副大統領は、インドネシア共和国統一国家(NKRI)は国内協定に従って最終的であり、カリフ制の理解は協定に違反するため停止しなければならないと強調した。

これは、カリフ制のイデオロギーのためにキャンペーンを行ったヒラファトゥル・ムスリム組織の存在に応じて、副大統領によって述べられました。

「インドネシアの我々はすでに国家合意を結んでおり、我々の国は共和国であるというのだから、彼の反応が逸脱していることは明らかだと思う。インドネシア共和国は最終的なものです。したがって、カリフ制が存在するとすれば、それは構造的基盤となっている国家協定に違反する」と、西ジャワ州ブカシのテドゥン・イスラム・アラビア語研究センター(PUSIBA)の発足後、副大統領は6月22日水曜日にアンタラが報告した。

マールフ・アミン副大統領は、ヒラファトゥル・ムスリム組織は活動停止を余儀なくされ、かつての追随者たちは更生するだろうと述べた。

以前、政治・法務・安全保障問題調整大臣(メンコ・ポルフカム)のマフフッドMDは、国家のイデオロギーを脅かすと考えられるヒラファトゥル・ムスリム共同体組織の取り扱いは、依然として人権に注意を払わなければならないと述べた。

マフフッドは、ヒラファトゥル・ムスリム大衆組織を設立する目的、すなわちカリフ制のイデオロギーを広める目的は、パンチャシラのイデオロギーに反していると考えられていたことを強調した。

前出のマフフッド局長代理は、「ヒラファトゥル・ムスリムはイデオロギーを脅かすなら、我々はその批判に当たるが、人権を守ることは国家の義務でもあるため、人権にも注意を払っている」と指摘する。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)