偽の経済データが検出され、中国の多くの当局者が解雇
図。(ウィキメディア・コモンズ/エコウ)

シェア:

ジャカルタ - 中国当局は、経済データを改ざんしたとして、多くの地方当局者を降格または解雇で処罰した、と同国の統計局は金曜日に述べた。

地元当局は、経済が低迷するにつれてデータ詐欺を抑制する取り組みの一環としてこの措置を講じたと述べた。

国家統計局(NBS)は、河北省の興泰、河南省の膠洲、貴州省の備江と安順のいくつかの都市で検査を実施した後、2020年と2021年にデータ侵害を発見したと、同局はウェブサイト上の声明で述べた。

河北省当局は、工業生産高、固定資産投資、卸売および小売販売に関する彼のデータの一部が非常に不正確であることが判明した後、興泰の45人の当局者に判決を下した、と彼は述べた。

一方、河南省当局は、データ侵害の容疑で38人の当局者に対して懲戒処分と組織的措置を取っている。貴州省当局は22人の当局者に同様の判決を下した、と彼は述べた。そのような行為は、降格または解雇を指します。

3月、中国の汚職防止監視機関は、「データ詐欺と改ざんの途方もない問題」に対処し、同国の統計機関の精査を強化することを約束した。

中国経済は、COVID-19の厳しい規制によって大きな打撃を受けており、多くの民間部門のエコノミストは、4〜6月期に国内総生産(GDP)が縮小すると予想しています。

これに先立ち、李克強首相は水曜日、中国は一連の支援政策を打ち出した後、第2四半期に合理的な経済成長を達成し、失業率の上昇を食い止めることを追求すると述べた。

さらに、李首相はまた、第2四半期の地域経済指標が「法律と規制に従って」公表されることを確実にすることを約束した。

注目すべきは、中国のデータの信頼性に関する世界的な懐疑論が広がっており、特に政府が世界第2位の経済大国の減速の深刻化に対する市場の期待を和らげようとしているため、長年続いている。

中国は今年、年間5.5%程度の経済成長目標を設定したが、多くのエコノミストは、それが今や手に負えなくなってきていると考えている。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)