良いニュース、ファイザーのPCV13ワクチンの年齢層は現在拡大しています
イラスト(アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - PTファイザー・インドネシアは、肺炎球菌13価コンジュゲートワクチン(PCV 13)がインドネシア食品医薬品局(BPOM)から使用者の年齢拡大の兆候として承認を受けたと述べた。

現在、このワクチンは、6週から17歳までの乳児、小児、青年、および18〜49歳の成人に使用することができます。これは、6ヶ月から5歳までの小児および50歳以上の成人に対する肺炎を予防するために承認されたワクチンの使用に加えてである。

ファイザーによると、PCV 13ワクチンの使用年齢範囲の承認は、すべての年齢層に使用できる最初の肺炎球菌ワクチンです。

PTファイザー・インドネシアのカントリーマネージャーであるノラ・T・シアジアン博士は、「あらゆる年齢層の肺炎球菌性肺炎などの潜在的に重篤な呼吸器感染症の予防を支援するために、疾患を引き起こす細菌血清型に対する保護を拡大するという使命を継続するため、この承認を重要な前進として非常に嬉しく思います。

ノラは、基礎疾患を有する6〜17歳の小児および青年は、肺炎球菌疾患のリスクが高いと述べた。

小児、青年、成人の年齢層における年齢延長適応症は、持久力が低下した状態の患者を含む肺炎球菌疾患のリスクを軽減するために、肺炎菌に対する適切なワクチン接種として利益をもたらす、とNoraは述べた。

ファイザーPCV13は、世界中の何百万人もの人々に投与されており、肺炎球菌細菌によって引き起こされる侵襲性疾患、肺炎および急性中耳炎の予防のために、今日入手可能なすべての肺炎球菌コンジュゲートワクチンの中で最も広い血清型カバレッジを提供します。

PCV 13上の13の肺炎球菌血清型(1、3、4、5、6A、6B、7F、9V、14、18C、19A、19Fおよび23F)は、世界中の小児において最も一般的に発生する侵襲性疾患の株の1つである。

また、120カ国以上で50歳以上の成人への使用が承認されており、世界保健機関(WHO)によって高齢者集団で事前認定された最初の肺炎球菌ワクチンです。

拡大された適応症を承認するBPOMの決定は、一連のプロセスの最初から最後まで臨床試験の提出とレビューを継続し、免疫原性を実証し、乳児および幼児、ならびに18〜49歳の成人における以前の試験で設定された安全性プロファイルと一致する6〜17歳の小児および青年における安全性プロファイルを確立する。

ノラ氏は、BPOMがファイザーのpcv13使用年齢の拡大を承認したことは、人生のあらゆる段階で重篤な(時には致命的な)疾患を予防するのに役立つ革新的なワクチンを開発するというファイザーの継続的なコミットメントの一形態であると述べた。

「私たちは、病気のリスクがある人々にPCV13へのアクセスを提供する努力において、保健当局と緊密に協力し続けます」とNoraは言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)