釣り中に雷で殺された漁師が発見された
雷に打たれて溺死した犠牲者の遺体を避難させる合同将校たち

シェア:

ジャカルタ - 5月20日(金)にスラウェシ島南東部のコラカ・リージェンシー海域で漁中に落雷に遭い行方不明と報じられたスリアーディ(39歳)という漁師が遺体で発見された。

ケンダリのケンダリ・バサルナのアリス・ソフィンギ(Aris Sofingi)長官は、犠牲者はコラカ・リージェンシーのコラカ地区タホア海域での捜索活動の3日目にSAR合同チームによって発見され、漁師は雷に打たれたと伝えられていると述べた。

「犠牲者は、インドネシア中部の07.15時間、犠牲者が雷に打たれたと伝えられている最後の場所から西に約1海里のところで、合同SARチームによって死亡しているのが発見された」と彼は語った。

その後、SARの合同チームは、埋葬のために家族に引き渡されるために、本土に固く横たわっていた犠牲者の遺体を避難させた。

アリス氏によると、3日目に犠牲者を捜索する作戦には、RB 307、ポレア・コラカ、USN SARの乗組員、PMIコラカ、コラカ警察、犠牲者の家族、および周辺コミュニティの支援を受けたコラカSARポストの職員が関与していたという。

「犠牲者が発見されると、SAR作戦は完了して閉鎖され、SAR作戦に関与したすべての要素はそれぞれの部隊に戻されます」と彼は言いました。

被害者は以前、インドネシア中部時間14時45分に金曜日(20/5)にタホアウォーターズ周辺でロングボートを使って友人の2人、ファーマン(28)とジャスマン(25)と釣りをしていたと報じられていた。

しかし残念なことに、インドネシア中部の15時頃、3人が使っていた船が雷に打たれて海に落ち、当時の状況は大雨でした。

被害者の同僚のうち2人はなんとか生き延びたが、被害者は行方不明だったが、3日間の捜索で遺体で発見された。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)