パンデミックが風土病に変われば、COVID-19の資金調達と治療スキームはもはや政府によって負担されなくなります
ムハジール・エフェンディ人間開発文化調整大臣/人間開発文化調整省PHOTO

シェア:

ジャカルタ - ムハジル・エフェンディ人間開発文化調整大臣(Menko PMK)は、パンデミックが風土病と宣言されれば、COVID-19患者のための資金調達と治療計画は変更を受けるだろうと述べた。

政府が負担した費用はBPJSヘルスに振り込まれます。Muhadjir Effendyは、BPJSによるCOVID-19の治療は会員グループに従って行われたと述べた。

「風土病と宣言されれば、自動的に普通の感染症になります。通常の感染症であるため、政府から補助金を受けている資金がBPJSに移管されるなど、治療も正常です」と、5月21日土曜日の夕方、東ジャワ州マランの人間開発文化調整大臣は、5月22日日曜日のアンタラが報告したように、

彼はまた、COVID-19のパンデミックが徐々に風土病になった場合、コロナウイルスによって引き起こされる病気を扱うことは普通の病気に対処するのと同じであると述べました。

「風土病の名前はまだそこにありますが、それはもはや流行していないので、他の感染症と同様に扱われるでしょう。とにかく、細菌、ウイルス、真菌に関連する病気は、通常感染症になります」と彼は言いました。

ムハンマディーヤ・マラン大学(UMM)の元学長によると、COVID-19の毎日の症例の減速により、インドネシアはパンデミックから風土病への移行に備えました。

ムハジール氏は、現在の活動中の症例数、陽性率、病院稼働率、COVID-19死亡率は他のどの疾患よりも高くないことを明らかにした。

2022年2月にDKIジャカルタの18の病院で人間開発文化調整省が実施した内部調査によると、インドネシアのCOVID-19による死亡率は14位に低下したと指摘されました。

彼は、COVID-19の数は癌などの他の病気の数よりも少なく、肺炎、非特異的肺炎、腎臓病が続いたと述べた。

したがって、この状態は、COVID-19がもはや高い罹患率と死亡率に寄与する病気ではないことを示していると彼は続けた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)