10人の乗客がいるKMフィリ漁船がテルナテ海に沈む
テルナテ海域で事故の犠牲者を探すバサルナスの警官たち/写真:アンタラ

シェア:

ジャカルタ - 北マルク(マルト)のテルナテ・バサルナス捜索救助事務所は、インドネシア東部時間の5月22日(日)10時10分頃にテルナテ通りの海域で沈没したと報告された10人を乗せた漁船KM Firliの捜索を実施しました。

テルナテ・バサルナの長、ムハンマド・アラファはアンタラの言葉を引用し、船は海岸から約8マイルのところで沈没し、現在犠牲者を救出するために行われているKM Firli船長は語った。

アラファは、報告を受けた後、インドネシア東部時間10時22分に、テルナテ・バサルナス救助隊がRIB 02テルナテを使用して現場に移動し、SAR作戦を実行したと付け加えた。

一方、バサルナスのチームは以前、エンジンの問題が発生していた南ハルマヘラのテルナテ - バカン航路で木造船を救うことに成功しました。

バカン-テルナテ航路のロングボートは9人の乗客を乗せて出発し、マキアン島の海域に到着すると、使用された船外エンジンが海に落ち、乗客を避難させるためにSARの援助を要求しました。

報告を受けたバサルナス・テルナテは直ちに救助隊を派遣し、RIB 02テルナテを使って現場に移動した。チームは、33.50マイルの距離で、船の乗客の捜索と避難を実施しました。

さらに、バカン・サウス・ハルマヘラSAR部隊チームは、ククパン島の水域にあるロンポンのいかだ小屋に損傷を受けたムハマド・リトノ(38)という漁師を救うことに成功しました。

この漁師は悪天候のために波に襲われた後に救助され、バサルナスに助けを求めました。被害者は最終的に発見され、共同SARによって安全に避難しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)