エネルギー鉱物資源省電力局長:島嶼国のエネルギー転換には国家間の協力が必要
エネルギー鉱物資源省電力局長、リダ・ムリヤナ。(間)

シェア:

ジャカルタ - インドネシアのG20議長国は、持続可能な復興と生産性の向上へのエネルギー転換を奨励することを目指しています。島嶼国にエネルギーアクセスを提供することに特別な注意が払われ、単一の島が取り残されないようにします。

エネルギー鉱物資源省(ESDM)の電力局長であるRida Mulyana氏は、島嶼国のエネルギー転換は気候変動の影響を緩和するために非常に重要であり、この実施形態は既存の課題を克服するために世界の国々からの協力を必要とすることを明らかにした。

「私たちはこれらの課題を克服するために協力する必要があります。島嶼国のエネルギー転換は、最前線から始まる気候変動の影響を緩和するために非常に重要です」とリダは5月21日土曜日にメディアに声明で述べました。

リダ氏は、島国は自然災害や気候変動の影響などの外的要因に対して非常に脆弱であり、エネルギーサプライチェーンの混乱をもたらしていると説明した。

同時に、島嶼国はしばしば相互接続に問題を抱えており、輸入された化石燃料と流通ネットワークに大きく依存しています。

その結果、同国は持続可能な開発目標7(SDG 7)において、特にエネルギーアクセスにおいて遅れをとっています。

さらに、リダ氏は、インドネシアは現在、エネルギー移行アジェンダに沿って普遍的なエネルギーアクセスを達成するための道を歩んでいると述べた。エネルギーアクセスの平等化は、すべてのコミュニティ、特にいくつかのポイントを通じて、最も外側の、遅れている島々で達成されなければなりません。

「第一に、十分な電力供給、電力供給の質、手ごろな価格です。第二に、インドネシアは、全地域の電力供給という国家目標として、2022年末までに電化率100%を目標としています。最後に、供給の面では、2025年までに国のエネルギーミックスで23%の再生可能エネルギーという目標を設定しました」とリダ氏は述べています。

さらに、インドネシアは現在、2060年以前のネットゼロエミッション(NZE)コミットメントを支持して、よりクリーンなエネルギー利用とアクセスに向けてエネルギーを移行している、とリダ氏は付け加えた。

この目標を支援するために、いくつかの行動が準備され、実施されており、その中には、契約済みまたは建設中のものを除いて、追加の新しい石炭火力発電所はない。

「2030年以降のプラントの追加は、新エネルギー資源と再生可能エネルギー資源からのみ行われます。2030年までにさらに21GWの再生可能エネルギー発電を行う予定で、この目標から、再生可能エネルギー源を動力源とする電力はすでに11.1GWです」とリダ氏は説明します。

政府はまた、太陽光発電所を、約1GWのクリーンなエネルギーを生産する太陽光発電所など、再生可能エネルギー源に変換するよう努めています。また、需要の中心へのネイティブ再生可能エネルギー源の動員を支援するために、ネットワーク接続も改善されています。

もう1つの取り組みは、家庭規模のソーラーパネル、電気管、充電ステーションを備えたエネルギー効率の高いランプを提供し、離島や離島の電力へのアクセスを支援することです。現在、電力に直接アクセスできない192,000以上の低所得世帯を電化するための新しい電力アクセス設置プログラムを通じて、加速電化も追求されています。

「これらの努力はすべて、インドネシアのより持続可能な未来に向けた第一歩となるでしょう。インドネシアと他の島嶼国が、クリーンで公正かつ持続可能なエネルギー転換によるエネルギーアクセスの達成に向けて共に学べることを願っています」とリダは締めくくりました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)