イドゥラダを前にしたPMKの脅威、DPRは政府に牛ワクチンを農家に配布するよう要請
2019年5月、アチェジャヤ州クルエンサビー地区のジャラン・メダン・バンダ・アチェの真ん中で多数の牛がいました。(間)

シェア:

ジャカルタ - 国内の家畜における口と爪の病気(FMD)の発生の広がりはますます広がっています。インドネシアの13の州で数千頭の牛がPMK病に罹患したと宣言されました。

これに対し、ドイツ共産党ゲリンドラ派閥のアフマド・ムザニ議長は、家畜FMDの感染は政府にとって深刻な懸念事項であるべきだと評価した。さらに、実際には、この家畜の病気は新しいものではありません。ムザニ氏によると、PMKは1960年代と1980年代にインドネシアで数千頭の家畜に感染していたという。しかし、不思議なのは、この病気が再び現れることです。

「この口と爪の病気はインドネシアで発生しており、私たちはこのFMDの発生の問題に首尾よく対処しました。ワクチンに関するものを含め、それがどのように扱われ、その維持管理が行われているのかを理解するべきだった」とムザニは5月20日金曜日に記者団に語った。

彼によると、PMKの流行は、まもなくコミュニティがイドゥラダの日を祝い、牛を犠牲の動物として作るため、さらに厄介です。ムザニ氏によると、これは販売価格や牛肉の消費に関する懸念に影響を与えるだろう。

したがって、Gerindra党の事務総長は、この病気の出現を追跡して、それが海外から牛を連れて来る際に選択的ではないため透明性のためであるかどうか、または他の可能な要因があるかどうかを知ることができるようにする必要があると評価しました。

「この問題はイドゥラダに先んじて牛の販売価格に影響を与えるので、それを知ることは私たちにとって重要だと思います。また、牛肉の消費や、牛乳、細断、その他の冷凍食品などの肉や派生製品の輸出の減少も懸念されており、このFMDの発生の問題により、当社の製品が他の国で禁止されている可能性があります」とMuzani氏は説明しました。

MPRの副議長は、この問題に対する解決策を直ちに見つけるよう政府に要請した。ムザニ氏によると、このアウトブレイクが畜産農家の損失をもたらすのを許さないでください。ムザニ氏によると、政府はさまざまな地域の農家にワクチンを配布し、畜産農家への支援の可能性を秘めている。「もちろん、このFMDの流行から、最も不利な立場にあるのは畜産農家です。彼らの家畜の多くは、このFMDの流行の結果として死亡しました」と彼は強調しました。ゲリンドラ氏は、政府が損失を被った農民に負担をかけすぎないように支援することを提案したと付け加えた。「その後、COVID-19後の国家経済回復努力が中断されないように、ワクチンの配布も急いで大規模に行わなければなりません」と彼は結論付けました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)