DEWG会長、すべての国にデジタルトランスフォーメーションのためのデジタル化戦略を策定するよう要請
G20デジタル経済作業部会(DEWG)議長のミラ・タイイバ/写真:アンタラ

シェア:

ジャカルタ - G20デジタル経済ワーキンググループ(DEWG)のミラ・タイイバ議長は、デジタルトランスフォーメーションを包摂的にするためのデジタル化戦略を持つことをすべての国に奨励しています。今日、誰もが疎外感を感じているため、誰も取り残されず、若者や世代が失われないように するために、デジタル技術の使用と進歩がますます重要になっています」と、ミラはジョグジャカルタのデジタルスキルとデジタルリテラシーを測定するためのデバイスワークショップで、5月20日金曜日のプレスリリースから引用されました。ミラは、この状況がテクノロジーの革新と採用をサポートするさまざまな形と風景を作り出すと考えています。2021年の国際電気通信連合(ITU)は、世界で49億人がインターネットを利用すると推定しています。デジタル活動も拡大し、強化されており、人々は仕事、取引、交流、学習のためにオンライン手段に目を向けなければなりません」とmira氏は述べています。しかし、インターネットにアクセスできない人が世界にはまだ約29億人います。その過半数、96%は発展途上国に住んでいます。彼はこれをデジタルパラドックスと呼んだ。デジタル化はまた、労働者の能力の向上も要求します。デジタル化は、最終的にはルーチンタスクや手動タスクを伴う作業も排除します。したがって、ますます多くの労働者が、自分の仕事の分野で起こっている大きな変化に追いつくために、再スキル とスキル アップを必要としています 」とミラ氏は述べ、一部の国はすでに国家デジタル戦略を実施し、新興のデジタル技術にもっと注意を払っていると 付け加えました。

「パンデミックの前に、各政府がデジタルトランスフォーメーションに向けた戦略的アプローチを強化してきたことに、私たちは皆同意できます。一部の政府は国家デジタル戦略を実施し、デジタル技術にもっと注意を払っています」とMira.インドネシアが今日実施しているデジタル化戦略は、全国的なデジタルリテラシープログラムであり、学校のカリキュラムに情報通信技術を再組み込んでいます。欧州連合(EU)滞在中、欧州委員会は、デジタルリテラシーの利点に関する指導原則と、誰もが基本的なデジタルスキルを持つ必要があるという指針を含む、デジタル教育アクションプラン2021-2027を提案しました。DEWG G20には3つの優先課題があり、その1つがデジタルスキルとリテラシーです。インドネシアのG20議長国は、デジタル経済の生産性と包摂性を高めるための包括的な評価を策定するよう代表団に奨励した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)