PPKMはCOVID-19症例が制御されるまでそのまま維持
専門家チームのコーディネーターとCOVID-19対応のための政府スポークスパーソン ウィク・アディスミト教授/特別ドック

シェア:

ジャカルタ - 専門家チームのコーディネーターであり、COVID-19対応のための政府スポークスパーソンであるウィク・アディスミト教授は、COVID-19症例が制御されるまで、コミュニティ活動(PPKM)に対する制限を実施する方針は維持されると述べた。

「PPKMは、いつでも緊急事態が発生した場合のインドネシアの備えの反映の1つです」と、5月18日水曜日にAntaraが報じたように、彼は言いました。

原則として、PPKMは、Wikuは人々の移動を制限する活動であるだけでなく、一貫しているように制御された症例の状態を維持することを強調した。

「PPKMにはいくつかのレベルがあり、厳しい制限からコミュニティ活動の緩和まで、さまざまな取り決めがあるためです」と彼は説明しました。

COVID-19制御の手段として、ジョコ・ウィドド大統領はまた、COVID-19が完全に制御されるまでppkm政策を継続すると伝えたと付け加えた。

「これは私たちの安全を確保するためです。政府は、政策実施に変化がある場合、実際の情報を提供する」と述べた。

政府は現在集中的に緩和しているが、ウィク氏は国民に予防原則を保持し続けるよう求めた。

「私たちは、国民が、将来存在するさまざまな変化に対して、走り続け、警戒し、警戒し、適応することを信頼できるようにお願いします」と彼は言いました。 

Wiku氏は、COVID-19のパンデミックは、災害や緊急事態による損失を可能な限り克服できるように、できるだけ早く予防することを含む多くの学習を教えたと述べた。

「同時に、私たちは他の健康上の脅威に備えなければなりません」と彼は言いました。

 

 

ウィク氏によると、多くの命を救うためには、生活のあらゆる関節で清潔で健康的な行動を育むことを含む健康と支援システムへの多額の投資が必要です。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)