KSAUが米空軍士官学校を訪問し、教育カリキュラムについて協議
KSAU Tni元帥ファジャール・プラセティョが、火曜日(17/05/2022)に米国コロラド州の米国空軍士官学校(USAFA)で教育を行っているトリ・バウォノ空軍士官学校の士官候補生の一人と対話します。アンタラ/ホーディスペナウ。

シェア:

ジャカルタ - 空軍参謀総長(KSAU)空軍元帥ファジャール・プラセティョが、米国コロラド州にある米国空軍士官学校(USAFA)を訪問しました。

5月18日水曜日、インドネシア空軍情報局(Dispenau) の書面による放送からANTARAが引用したKSAUは、USAFAのリネル・レテンドル准将とUSAFAでの教育カリキュラムの実施について話し合いました。

さらに、KSAUはまた、USAFAで教育を行っていたトリバウォノ航空フィギュアアカデミーの士官候補生の一人と直接会い、対話する機会を得ました。

USAFAを訪問している間、ファジャールは空軍青年元帥アカデミー(マルスダ)のTNIエコ・ドノ・インダルト知事と、米国第一元帥(マルスマ)TNIジャジャ・エラン・ミグディアワンのインドネシア国防アタッシュに同行した。彼らの到着は士官候補生の司令官ポール・D・モガ准将によって直接迎えられた。

彼らはまた、人格とリーダーシップ開発センター(CCLD)の建物やUSAFAの学術棟(フェアチャイルドホール)など、USAFAの多くの教育施設を訪問しました。

この訪問は、ラフター夫妻といくつかの空軍代表団の米国訪問における議題の1つでした。

マルスダTNIエコ・ドノ・インダルトに加えて、ファジャールに同行した他のTNI AU代表団は、諜報補佐官(アシンテル)カサウ・マルスダTNI I Wayan Sulabaとアシスタント・オペレーション(Asops)Kasau Marsda TNI M. Khairil Lubisでした。

- https://voi.id/berita/168706/djarot-saiful-hidayat-pdip-heru-budi-hartono-cocok-jadi-pj-gubernur-dki-jakarta

- https://voi.id/berita/168631/indonesia-akhirnya-boleh-lepas-masker-luar-ruangan-setelah-tiga-bulan-negara-lain-telah-melakukannya

- https://voi.id/berita/168680/wapres-ma-ruf-amin-dorong-kemitraan-global-untuk-akses-sanitasi-dan-air-minum-aman

[/see_also]

USAFAを訪問したほか、米国滞在中、ファジャーはチャールズ・クイントン・ブラウン・ジュニア将軍とフランク・ケンドール米空軍長官のラフターズとの公式会談など、他の多くの主要な議題も持っていた。

ファジャールはまた、米国政府からレジオン・オブ・メリット の名誉 スター賞を授与されます。この賞は、米国ワシントンDCのアナコスティア・ボリング合同基地で開催されました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)