クパンでトウモロコシを植えるとき、KSAD Dudungは軍にメッセージを与えました:存在しなければならず、人々の困難に対する解決策でなければならない
陸軍参謀総長、トゥニ将軍ドゥドゥン・アブドゥラックマン(ANTARA経由)

シェア:

ジャカルタ - インドネシア軍(KSAD)参謀総長のドゥドゥン・アブドゥラクマン将軍は、すべての陸軍兵士に、常にそこにいて、人々の困難を克服するのに役立つ解決策または党であることを思い出させました。
 
「あらゆる場所の陸軍兵士は、人々の困難の真っ只中にいなければならず、解決策でなければならない」と、ドゥドゥンは5月18日水曜日にアンタラのジャカルタで受け取った陸軍情報サービスの書面による放送を通じて語った。
 
彼は今日、東ヌサテンガラのクパンリージェンシー、ファトゥレウ地区、シル村のオエオラでインドネシア軍の何人かの主要な役人と象徴的にトウモロコシを植えるときにこれを述べました。
 
トウモロコシの植え付けは、農業活動を円滑に進めるために、技術的にも、施設の支援や地域社会へのケア教育を通じても、陸軍からの注意の1つです。
 
複合トウモロコシであるラムルトウモロコシ栽培は、円滑に行われることが期待される農業活動の一つです。
 
また、トウモロコシの植え付けを支援する活動も、人々の福祉に大きな影響を与えることが期待されます。こうして、国民の愛と愛情は陸軍に伝わるだろう。
 
同じ機会に、KSAD Dudungは、地域社会と軍兵士の繁栄を支援する政府プログラムの成功に相乗効果を発揮した地方政府および関連当局者に感謝の意を表明した。
 
トウモロコシの植え付けの象徴的な実施の後、彼が出席した活動は、地元の部隊からの陸軍のメンバーを伴ってコミュニティによる大量植え付けで続けられました。さらに、コミュニティは収穫期が来るまで植えられたトウモロコシの世話をします。
 
Brigif-21/Komodo Territorial Sectionの責任者であるDonatus大尉は、地元コミュニティによって行われている多くの活動があると付け加えた。
 
その中で、彼らは収穫を行い、植え付けの第2段階、すなわち農地を灌漑することができる消火栓ポンプの形でtni manunggal水プログラムがあった後に行うことができるトウモロコシの植え付けの準備をします。
 

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)