PMKを阻止、合同チームが西アチェの入国エリア外で家畜を拒否
イラスト/写真:間

シェア:

MEULABOH - 動物衛生従事者、TNIとPolriからなる合同チームは、アチェで口と爪の病気(PMK)が流行している中、地域外からの家畜が西アチェリージェンシーに入ることを一時的に禁止し、拒否しました。「5月16日月曜日、西アチェの西アチェ警察コンポル・イスワルの作戦責任者は言った。西アチェに運ばれた家畜の医療従事者によって襲撃が行われたとき、公式の手紙がありましたが、しばらくの間、地区外からの家畜はまだ西アチェへの入国を拒否されました。 Danil Adrialは、現在アチェの多くの地域で発見されているFMDの発生を防ぐために、地域外からの牛と水牛の供給を止めるよう公衆に要請しました。西アチェリージェンシーでFMD感染の症例は見つからなかったが、同地区が現在絶滅危惧種に含まれていることを確認し、「今日までアウトブレイクの症例はなかったが、これは西アチェに入る家畜の制限で直ちに予測する必要がある」と述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)