ソ連崩壊後の安全保障ブロックが拡大し続けることを願って、プーチン大統領:決して終わらない
プーチン大統領は、ロシアのモスクワのクレムリンでCSTO諸国の会議を主宰しています。(出典:クレムリン)

シェア:

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、月曜日の会議で困難な時期に直面したときを含め、ソ連崩壊後の防衛組織が生き残り、繁栄し続けることを望んでいる。

プーチン大統領は、ソ連崩壊後のロシア主導の安全保障ブロックである集団安全保障条約機構(CSTO)が、困難な外交政策の背景にもかかわらず拡大し続けることを望んでいると述べた。

「完全な国際構造に発展したこの組織が、困難な時期に発展し続けることを願っています」と彼はモスクワでのCSTOサミットで述べました。

彼は「困難な時代は1992年と2002年にさかのぼる」と指摘した。

「彼らは決して終わらなかったが、組織はソビエト崩壊後の空間で安定し、非常に重要な役割を果たした。この場合、私たちの責任範囲における状況に対する可能性と影響が拡大することを願っています」とプーチン大統領は述べた。

同じ機会に、プーチン大統領は、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟する可能性について、彼の党は心配していないと述べた。

しかし、プーチン大統領は、米国主導の同盟が北欧の新加盟国の軍事インフラを支援する場合、断固として対応すると警告している。

「拡大に関して、ロシアはこれらの国々に何の問題もない。したがって、この場合、(NATOが)これらの国々を含むように拡大することによるロシアへの直接的な脅威はない」とプーチン大統領は旧ソ連諸国の同盟の会合で語った。

「しかし、この地域への軍事インフラの拡大は、確かに私たちの反応を引き起こすでしょう。それ(応答)は何ですか?私たちは、どのような脅威が私たちのために生み出されるかを見るでしょう。

モスクワがCSTOジュビリー・サミットの開催地に選ばれたのは、30年前にここで労働安全保障協定が調印されたからだ。そして、この組織は20年前にモスクワでもそれに基づいて設立されました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)