緊急テントで治療された余震RSAM患者を恐れる
患者は余震を恐れて病院の外のテントで治療を受ける/写真:アンタラ

シェア:

ブキティンギ - 西スマトラ島(西スマトラ)で発生した地震は、アハマド・モクター病院(RSAM)ブキッティングギ市の数十人の患者を、セキュリティのために建物の外に設置されたテントで治療することを余儀なくされました。RSAMは14人の患者代表と共に3階で治療を受けることに同意し、4階は建物の外に設置したテントに一時的に避難しました」と、2月25日金曜日、ブキッティングギのRSAM広報ムルシャルマン・チャニアゴは言いました。「患者の安全と快適さを維持するために、私たちの役員は、ディレクターの直接の指示を通じて決定を取りました」と、murshalmanは言いました。最初に発生した最初の地震では、病院はまだ状態を維持することができ、患者は建物に損傷がなかったために揺れが起こったときにのみ驚きました。しかし、余震の後、2回以上起こった後、家族を通じて患者は、私たちがブキティンギ市社会サービスと調整されたテントに避難することに同意しました」と、彼が言いました。避難過程が行われている間、一部の患者は、まだ注入ホースを使用しており、一部の患者は酸素チューブを装備していました。「アンブンスリビルの3階と4階から避難した患者は約14人で、不安を感じ、看護師の許可に従って家に帰るように頼んだ人もいました」と、彼が言いました。マグニチュード6.2の地震は、金曜日に08.39 WIBで西パサマンの北東17キロの西スマトラ地域を揺さぶりました。気象・気候・地球物理学庁(BMKG)の情報によると、地震は北緯0.15度、東経99.98度、深さ10kmの東緯99.98度に位置する地震は津波の可能性はないという。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)