MPR、セパクセモイダムの建設に感謝
セパク・セモイダム訪問中のMPR会長バンバン・ソエサティ/写真:アンタラ

シェア:

イースト・カリマンタン - インドネシアのMprバンバン・ソエサティオ会長は、東カリマンタン州ペナジャム・パサー・ウタラ・リージェンシーにあるセパク・セモイダムの建設を特別と呼んだ。「それはひどい、異常です」と、インドネシア議会のバンバン・ソエサティオ議長は、1月27日(木曜日)、東カリマンタン州セパク・セモイ・ダム、ペナジャム・パサー・ウタラ・リージェンシーへの実務訪問中に言いました。バンバンに加えて、インドネシアMPRの副議長も同様の証言を書いた。インドネシア議会のアフマド・バサラ副議長は、前向きな証言を書き、PUPR省のカリマンタン4世河川地域ホール(BWS)水資源総局の責任を負うセポクセモイダムの建設プロジェクトを十分に評価しました。

- https://voi.id/berita/128143/mpr-apresiasi-presiden-jokowi-soal-perjanjian-ekstradisi-indonesia-singapura

- https://voi.id/berita/127021/mpr-pembahasan-lanjutan-ruu-tpks-bersama-pemerintah-belum-bisa-segera-dimulai

- https://voi.id/berita/126122/ibu-kota-pindah-ketua-dprd-dki-ingin-jakarta-seperti-new-york-tetap-istimewa

[/see_also

セポクセモイダムは、2023年まで5,560億ポンド相当の複数年契約値で建設されました。管理請負業者はPTブランタス・アビプラヤ-PTサクナ-PT BRP(KSO)です。「セパク・セモイ・ダムは社会正義のためのものであり、インドネシアは偉大で独立している」とアフマド・バサラは書いている。他のインドネシアMPRレスタリ・モルディジャットの副会長とアルスル・サニは、セパク・セモイ・ダムがヌサンタラという名前の首都(IKN)の人道的記念碑になることを望んでいる。以前は、PUPR大臣バスキ・ハディムルジョノは、2023年12月に完成するセプラク・セモイダムの建設を目標にしていました。セパスクセモイダムは2020年7月から建設を開始しました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)