COVID-19 1月23日現在のアップデート:2,925件の新しい症例が記録され、DKIジャカルタが最高
イラスト- アンスプラッシュ

シェア:

ジャカルタ - 保健省は、本日の時点でCOVID 19の最新の追加陽性症例を発表しました。調べた251,907の標本のうち、COVID 19の陽性症例はさらに2,925例あった。
 
「インドネシアでCOVID 19が発見されて以来、合計累積陽性症例は4,286,378に達し、活動的な症例は2,199人増加して18,891例に達した」と保健省のデータは1月23日(日)に述べた。
 
今日の回復された症例は712例増加し、合計で4,123,267人が回復しました。その後、死亡した陽性の確認された症例は14人、合計144,220人増加した。
 
新しい症例が最も多い州はDKIジャカルタで、1,739件、合計877,568件でした。次いで西ジャワ州で489件の新しい症例が続き、合計711,854件。バンテンは454の新しい症例と合計134,993件を有する。その後、69の新しいケースと合計400,728のケースを持つ東ジャワ。
 
今日最も回収された症例を持つ州は、さらに517例の回収された症例を持つDKIジャカルタに属しています。その後、東ジャワ州で44件の回収症例が追加され、東カリマンタンはさらに36件の回収症例を追加し、西ジャワ州はさらに32件の回収症例を回復した。
 
 
また、RT-PCR、TCM、抗原を用いて検査された検体数は69,352,805に達しています。詳細には、69,352,805個の標本をRT-PCR法で調べた。259,486検体をTCMで調べ、抗原法により36,717,354個の抗原を検査した。
 
「テストされた人数当たりの肯定的な結果または今週の陽性率は1%」と書いている。
 
COVID 19に感染した疑いのある人、または現在疑わしい症例として分類されている人の数は4,470人です。現在、34の州がCOVID 19の症例を持っています。
 
現在までに、181,131,330人がCOVID-19ワクチン接種の最初の用量を受け、124,080,794人が2回目の予防接種を受けています。3回目のワクチン接種は1,366,115回であった。一方、インドネシアの予防接種対象は208,265,720人です。
 
 

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)