バスキ大臣のBUJTへの厳格な指示、2022年4月のトランススマトラ通行料の修理を完了しなければならない
PUPR大臣バスキ・ハディムルジョノがスマトラ通りのコンディションを視察(ANTARA経由で撮影)

シェア:

ジャカルタ - 公共事業・公営住宅大臣バスキ・ハディムルジョノは、有料道路利用者の安全と快適さを確保するため、2022年4月末までにトランススマトラ有料道路の修理を完了するよう要請した。
有料道路の管理者として有料道路事業体(BUJT)は、有料道路の最小サービス基準(SPM)を満たすことができるように、損傷した道路の修理に焦点を当てるように求められます。
「2022年4月末までに恒久的な修理を完了するようお願いします。「国民はすでに通行料率を支払っており、良いサービスを受けなければならないので、SPMを満たさなければならないことを再び思い出させます」と、バスキ大臣は1月21日金曜日にアンタラのジャカルタで受け取った書面で述べました。
PUPR大臣は、今日、南スマトラ州のテルバンギ・ベサール・ペマタン・パンガング・カユ・アグン有料道路のトランス・スマトラ有料道路区の状態と、南スマトラ州のカユ・アグン・パレンバン・ベトゥン(クパルベトゥン)有料道路区の一部の状態を検査した。
バスキ大臣は、BUJT PTフタマ・カリヤ(ペルセロ)とPTワスキタ有料道路に、テルバンギ・ベサール - ペマタン・パンガン - カユ・アグン区とカユ・アグン - パレンバン - ベトゥン区間の穴/亀裂を迅速に修復し、閉鎖するよう求めました。
道路のいくつかのセグメントは、柔らかい土壌や沼地の位置のために減少した橋のオプリトの平準化を含む、再調整され、再構築する必要があります。
PUPR大臣はまた、ひび割れたり落下する有料道路の障壁コンクリートに注意を払っています。
BUJTは現在、新しい舗装層の修復、速い設定コンクリートでの再鋳造、アスファルトフィニッシャーを使用した舗装層の敷設と圧縮、アスファルトフィニッシャーで広がってコンパクト化された新しいAC-WC層など、取り扱いを行っています。
360kmのテルバンギ・ベサール・ペマータン・パンガング・カユ・アグンからクラマサン・パレンバン有料道路区間は、2019年3月から運行されているバカウヘニ・テルバンギ・ベサール有料道路の続きです。
この有料道路の建設は、ランプン県と南スマトラ州とバカウヘニ港との間の接続性を改善することを目的としています。
バスキ大臣はまた、復習の中で、大きな木で森林伐採を増やすよう、KM 234 Aの休憩所を管理するBUJTに依頼した。
休憩所に植樹は、環境や景観を美化することを目的としているだけでなく、より多くの木を作ることを目的とし、すべての人々が楽しむことができる。

The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)