Rscmモスクの屋根の上に水耕栽培野菜の収穫30キログラム
間の写真経由

シェア:

ジャカルタ - 中央ジャカルタ食料安全保障・海洋農業省(KPKP)部族は、シチ・シファ・モスク、チクト・マングンクモ病院(RSCM)サレンバの屋上で栽培された30キロの水耕栽培野菜を収穫しました。

中央ジャカルタKPKP事務所(Kasudin)の責任者、ペンティ・ユネシは、この活動は毎週日常的に行われている一連の「金曜日の植栽」プログラムと収穫であると説明しました。

「アシー・シファRSCMモスクでの収穫は、25キログラムのパクコイと5キログラム(kg)のケールで構成されています」とペンティは言いました。

その後、収穫はパッケージ化され、RSCM環境の従業員や医療従事者に販売され、他のいくつかはモスクの崇拝者に配布されます。

アシー・シファ・モスクの屋根(屋上)での水耕栽培は、まだパクコイ野菜とケールに焦点を当てています。Sudin KPKPは、すでに1,200の水耕栽培植栽穴が準備されており、今後も追加され続けると指摘した。

Pentyによると、建物やオフィスの屋根の作物栽培は、今年のスディンKPKPの焦点の一つとなりました。

水耕栽培は大きな土地を必要としないため、収益性が高いと考えられる植栽栽培技術になります。また、水耕栽培植物からの収量は農薬を使用しないためより健康的です。

Sudin KPKPは、その品質とマーケティングのための支援とコーチングを提供し続けます。

「市場のニーズを満たす作物を生産するために、それが需要があり、食品安全基準を満たすように品質」と彼は言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)