1週間以内に、バタムでCOVID-19の死亡事件はありません
イラスト(写真:ピクサベイ)

シェア:

BATAM - バタムシティCOVID-19タスクフォース、リアウ諸島は、この1週間にコロナウイルスの新しいタイプへの暴露のために死亡する住民の追加のケースはなかったと指摘しました。

バタム市通信情報学庁のアズリル・アプリアンシャ長官は、今回の死亡事件は11月23日(火)、11月30日(火)までで、死亡者数は842人にとどまったと述べた。

「治癒率は96.715%、死亡率は3.258%、現役症例は0.027%です」と、バタムCOVID-19タスクフォースのスポークスマンでもある男性は、11月30日(火曜日)にバタムで短いメッセージで述べています。

前述の通り、バタムで死亡した842例のうち、433例は併存性がなく、409例は併存している。

COVID-19死亡で最も高い併存疾患は、糖尿病216例、高血圧182例、肺炎104例であった。

11月30日火曜日、彼はCOVID-19の追加の陽性症例はなく、回復した患者はなく、死亡もないと言いました。

累積的に、COVID-19の陽性症例が25,841例確認され、そのうち24,992例が治癒したと宣言され、7人がまだ治療中であった。

一方、コロナウイルスの拡散は現在、緩衝島に戻っています。3つの後背地のサブ地区のうち、そのうちの1つはCOVID-19、すなわちビハインドパダンの1つの肯定的な黄色いゾーンにあり、他の2つの後背地のサブ地区は緑のゾーン、すなわちガランとブランにあります。

本島では、9つのサブ地区のうち5つは緑地、すなわちセクパン、ノンサ、セイ・ベドゥク、バトゥアジ、サグルンで、他の4つの地区は黄ゾーン、すなわちルブクバヤ、バトゥアンパル、バタムシティ、ベンコンです。

一方、2021年11月28日現在のバタムCOVID-19状況評価の結果はPPKMレベル1です。

確認症例を伴うレベル1のコミュニティ感染評価は、週に10万人当たり0.39人、入院は週10万人当たり0.06人、住民1週間あたり0.06人、1週間に10万人当たり0.06人が死亡すると述べている。

その後、テストでは、週に0.02%の正の割合で、追跡は、週に確認された症例あたり23.0の綿密な接触率と、週に1.39%BORで十分な治療を受けて十分であると考えられていました。

同様に、ワクチン接種は十分と考えられ、全体で最初の用量で98.98%に達し、高齢者の場合、最初の用量では81.53%に達していた。これはアンタラによって報告されました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)