ルフトは、インドネシアがCOVID-19オミクロンバリアントを防ぐためにロックダウンしない理由を説明します
イラスト(ピクサベイ)

シェア:

ジャカルタ - ルフト・ビンサール・パンジャイタン海事投資調整大臣は、政府がCOVID-19バリアントB.1.1.529またはオミクロンの侵入を防ぐためにロックダウンを実施しなかった理由を説明した。

この場合、政府は旅行者の出身国11カ国をインドネシアに入国することを禁止し、11カ国外で検疫期間を延長した。

ルフトは、海外からのインドネシアの鍵の適用もパンデミック問題を解決しなかったと考えました。実際、経済状況の悪化など、他にも問題があります。

「ロックダウンの経験も問題を解決しませんでした。「ロックダウンの多い国は、実際には多くの問題を抱えています」と、Luhutは11月28日日曜日の仮想記者会見で言いました。

インドネシアでの症例の急増を引き起こしたデルタバリアントの流入に直面した経験に基づいて、LuhutはPPKMの実施と多くの国の入国禁止がこの解決策であり得ることを考えています。

「私たちの経験から、私たちが過去よりもはるかに洗練されていると同意するので、私たちは注意深く見ています。良かったと思います。「我々は平衡バランスを探しており、PPKMのようなアプローチを取ることはより良くなるでしょう」と、luhutが言いました。

情報として、新政府は現在、インドネシアへの入国を禁止されている旅行者、すなわち南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、レソト、モザンビーク、エスワティーニ、マラウイ、アンゴラ、ザンビア、香港への入国を禁止されている旅行者の11カ国を設立している。

問題の11カ国に対して、インドネシアへの到着の禁止は14日間有効です。入国禁止ポリシーと11カ国外の検疫期間の延長は、2021年11月29日から施行されます。

一方、政府はまた、インドネシアに入国する外国人旅行者の検疫期間を延長しました, 11 禁止国の外.以前は、検疫期間は 3 日で、現在は 7 日間です。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)