ドゥドゥンバンTNI役員がKKB、エクスカバイスを殺すことから:一度注文したら、彼らはできる必要があります
イルトラシ (VOI)

シェア:

ジャカルタ - 元戦略情報局(Kabais)のソレマン・B・ポント長官は、パプアで武装犯罪集団(KKB)を殺害することについて兵士が考えることを禁じているドゥドゥン・アブドゥラッハマン陸軍参謀総長(KSAD)の声明を支持している。

tniの将校は、攻撃に直面した場合、「殺すか殺すか」という原則を持っていますが、彼らは間違いなく上司の命令に従います。

「TNIは最も規律ある人物だと思います。彼は行くと言われたとたんに。「彼がまだラインだとしても、それは死んでいる、本当に」と、ソレマンはYouTubeのメドコムID、11月28日(日曜日)に放映された仮想ディスカッションで言いました。

さらに、ソレマンはドゥドゥンの指示を見たのもTNI司令官アンディカ・ペルカサの指示から来ました。彼によると、アンディカは殺害によってパプアの問題を解決したくありません。

その後、ソレマンはフリーアチェ運動(GAM)に直面する任務を負ったときのtniの態度を例示しました。その時、TNI司令官の指揮を外し、KSADによって続け、プラジュルットがGAMとの接触を停止しました。

「これは、アチェでの経験、TNI司令官が命じた方法のためです、当時のパク・ヘンディ・ハルトノはKSADによって続けられた、彼らは沈黙していました。たとえいじめられたとしても、撃たれたとしても、彼らは抑えることができます。tni司令官の命令がKSADによって続けられた場合、私は彼らがそれを実行できると確信しています」と、ソールマンが説明しました。

YouTubeメドコムIDが放映した仮想ディスカッションで、元戦略情報局(カバイス)ソレマン・B・ポント長官

先に報告されたTNIのドゥドゥドゥン・アブドゥラッハマン将軍は、紛争地域の兵士に対し、KKBの脅威と脅迫からパプアの人々の安全を優先するよう指示した。

ブリーフィングは、インドネシア東部で奉仕した兵士たちと直接会うためにコダム・カスアリを含む西パプア地域への彼の訪問の議題で行われました。

「パプアなどの紛争地域で働く兵士にとって、武装犯罪集団(KKB)の殺害は考えていないが、現在武装過激派グループに脅かされているパプア人を確保する国家の義務を果たす方法を考えなければならない」と、マノクワリのコダム1VIIIカスアリホールでKSAD Dudungは述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)