インドネシア政府は、独立闘争を支援するためにパレスチナ人との協力を強化する
インドネシア外務省バグス・ヘンドラニング・コバルシの中東局長のスクリーンショット(写真:ヤシンタ・ディファ/アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - インドネシア政府は、独立闘争を支援するために、パレスチナ人との様々な分野での協力を引き続き強化すると述べた。インドネシア外務省のバグス・ヘンダニング・コバルシー中東局長は、2018年1月以降のオリーブオイル、果物、日付など、多くのパレスチナ製品に免税関税を課す協力の一つであると述べた。現在、インドネシアはまた、パレスチナ人が両国間の貿易を行い、経済協力を改善するのを支援するために、パレスチナ政府との優遇貿易協定(PTA)のための協力を開拓している」と、バグスは11月28日(日曜日)にアンタラが報告したジャカルタから事実上監視されたトークショー「パレスチナ連帯週間:ミレニアル世代平和主義者フォーラム」で述べた。 パレスチナ政府は、ナット、ボルト、石鹸、セラミックス、スパイスを含む61製品の免税を申請しました。PTAの議論は、パレスチナの国際貿易の価値と比較して、年間500万米ドル(約720億ドル)、または0.1%で記録されている両国の貿易パフォーマンスを改善することを目的としています。インドネシア政府はまた、パレスチナ人に様々な支援を提供し、配布するインドネシア社会の様々な要素の貢献を非常に高く評価しています」と、国連がパレスチナ人との連帯の国際デーに指定した11月29日に先立って、パレスチナ問題がイスラエル占領の継続により未解決であることを世界に思い出させるために、Bagus.Palestine連帯週間が開催されました。

インドネシアは、COVID-19のパンデミックの困難な状況の中で、パレスチナ人はイスラエルの逮捕、立ち退き、財産の没収による人権侵害を経験し続けていることを深く懸念しています。イスラエルはまた、この活動は、非イスラム教徒がアル・アクサ・モスクの中で礼拝することを禁止する1967年の現状規則に違反しているにもかかわらず、モスクで礼拝したいパレスチナ人の逮捕と抑止、ならびに多くのイスラエルのユダヤ人による挑発を通じて、アル・アクサ・モスク・コンパウンドで様々な挑発行為を行うことを強化された「いいですね、説明してください。パレスチナ問題の解決にはまだ多くの宿題が残っていることを考えると、インドネシアはイスラエルがこれらの違法行為を止めるよう国際社会に深刻な支援を求めている。「インドネシアは、相互に合意された国際的なパラメータに従って二国家解決を達成するまで、我々の憲法の命令に従ってパレスチナの独立と主権のための闘争を全面的に支持する立場を再確認する」と、バグスが言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)