グヌンキドゥル・ディンケス 注:対面学習からCOVID-19の21の確認された症例があります
イラスト - 学校活動(写真:ユディ・アブドゥッラー/アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - ジョグジャカルタ特別地域のグヌンキドゥル地区保健事務所は、対面学習(PTM)を組織した高校生のスクリーニング結果から、COVID-19の新たに21件の新しい確認症例があったと指摘した。グヌンキドゥル保健事務所のデウィ・イラワティ所長は、COVID-19学生の21件の21件の追加、すなわち11月27日(土)20件、11月28日(日)に新たな症例が1件あったと述べた。「COVID-19のこの確認されたケースは、対面学習を行う高校生のランダムな綿棒テストの結果です」と、デウィは11月28日(日曜日)にアンタラが引用したように言いました。しかし、彼らが完全なワクチンを受け取ったのか、1回しか投与されなかったのかはすぐには明らかではなかった。

デウィは、陽性が確認されたすべての学生が無症候性(OTG)であると言いました。取り扱い手順に従って、OTGの場合は自己分離(isoman)を受けるのに十分な指示を受ける。「確認された生徒をフォローアップするために、我々は家族と学校の友人の両方で密接な連絡先をスクリーニングしています」と、彼が言いました。さらに、Dewiは文部科学青年スポーツ省(Disdikpora)とグンギドゥル・ディンケス中等教育センターと調整を行っており、COVID-19の肯定的な確認症例を発見した学校でPTM活動を一時的に停止するよう求める勧告も行っていると述べた。「サンプリングされていない学校については、PTMのときに厳格な健康プロトコル(prokes)を適用するために」とdewi氏は述べています。うまくいけば、結果は良いです、COVID-19を確認された学生はいません」と、彼が言いました。ディスディクポラ・グヌンキドゥル・キスワラ長官は、特に小中学校レベルでは、ディンケスからのランダムな綿棒検査のスケジュールをまだ待っていると述べた。この綿棒テストは、PTMがCOVID-19症例の追加にどの程度影響を与えているかを調べ、学校レベルでのCOVID-19タスクフォースの準備のためのベンチマークを調べるためのものです」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)