ウクライナ国民は、1991年12月1日の今日の記憶の中でソビエト連邦から独立に選出された
人々はキエフでデモを行い、前日の選挙プロセスを経た後、1991年12月1日に決定されたウクライナの独立を支持した。(X/@elecstworld)

シェア:

ジャカルタ–今日の記憶、32年前の1991年12月1日、ウクライナの人々はソビエト連邦からの独立を選択しました。独立への願望は国民投票で永続した。すべての人々はウクライナが主権国家になることを望んでいます。

以前、ミハイル・ゴルバチョフの指導部はソ連に新鮮な空気の息吹をもたらすと予測されていました。彼はペレストロイカ(リストラ)とグラスノス(開放性)の政策を永続させ、経済・政治システムを変えました。しかし、その政策は主人のための武器となりました。

君主制の権力を弱体化させ、1917年にすべてを変えたロシア革命。この革命は後に社会主義国家、ソ連を生んだ。ヨーロッパの様々な国からなる国。とりわけ、ロシア、ウクライナ、グルジア、ベラルーシ、アルメニア、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、キルギス、カザフスタン、トルクメニスタン、モルドバ、ラトビア、タジキスタン、エストニア、リトアニア。

ソビエト連邦の存在も雷鳴を上げた。それは超大国として分類されています。その存在は、アメリカ合州国(US)をあらゆる分野でライバルにしようとするソビエト連邦の勇気によっても証明されている。経済問題から社会文化問題まで。

ゴルバチョフがリーダーシップの称号に腰掛けていたとき、すべてが変わりました。彼は、前進したいのならソビエト連邦は変わらなければならないと感じた。彼はペレストロイカとグラスノストの政策を永続させ始めた。彼は、この政策が組み込まれた国々を発展させることができると考えました。

この政策は発展するどころか、加盟国に独立を意識させ始めた。この状況は、衰退し続けたソビエト連邦の経済成長によって悪化した。ゴルバチョフは立場をとり始めた。彼は加盟国を連邦にしたかったのです。ただし、同じ国籍で。このイニシエーションはすぐには受け入れられませんでした。

「想定される国の形態は、同じ市民権を持つ一種の連邦であり、単一の金融システムがありますが、税制と予算システムはそれぞれの共和国によって異なります。中央政府は、外国政治や国土安全保障問題、軍隊とその原子力の支配を含め、引き続き取り組んでいる。もちろん、ソビエト以外の宇宙プロジェクトもあります。

「しかし、それぞれが外交使節団を海外に開放し、協定に署名し、外貨、金、亜鉛の準備金を請求することができます。協定でまだ明確ではないのは、中央政府が保有するセクターの資金源です。モスクワはもはや共和党が決定したものを超えて所得税源を持たないだろう:毎年再交渉される可能性が高い共和党の歳入の一定の割合。そして、その交渉では、モスクワが弱い立場にある可能性が高い」とファリダ・センジャジャはテンポ・マガジンの「カン・ブバルカ・ソビエト(1991年)」と題する文章で説明した。

経済の不確実性と地位により、ソビエト連邦のメンバーである国々は、自らの運命を決定することを選択します。例えば、ウクライナ。ウクライナ国民はソ連からの独立を望んでいる。

この物語は1991年12月1日の国民投票で繰り返された。素晴らしい結果。ウクライナ人の大多数は独立を選んだ。彼らはウクライナが主権国家になることを望んでいた。独立はその後、数週間後に解散するまでソビエト連邦をさらに「破壊」した。

「ウクライナ国民の大多数は、1991年12月1日の国民投票で独立に投票した。(その約92%)が独立を支持した。国民投票と一致した選挙で、クラフチュクは大統領に選出された。当時、ウクライナでは共産党の解散やウクライナ軍のインフラ整備など、いくつかの重要な進展が起こっていた」とブリタニカのウェブサイトには書かれている。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)