1909年のスメル山の噴火:オランダへのブミプトラが被災者のための資金を調達
ジャワ島で最も高い山、スメル山。(volcano.si.edu)

シェア:

ジャカルタ-スメル山(3,676 m)は探索する高い魅力があります。美しさは誰にも負けません。海外からの旅行者も打たれました。実際、オランダ植民地時代から。スメルが噴火したとき、すべてが変わりました。美しさが薄れました。1909年のスメルの噴火は河口になりました。

何百人もの人々が亡くなりました。その間、数十の村が荒廃しました。その後、スメル噴火の犠牲者への支持を集めるために、群島のすべての民族グループ(ブミプトラからオランダ人)を団結させたのはこの災害でした。

群島の文化と自然はオランダ植民地時代から有名です。海外からの旅行者も到着しました。彼らは群島のすべての自然と文化の提供を楽しむことを期待して来ました。それが後にオランダの地質学者G.F.クリングネットにスメル山に登るように促したものです。

彼はスメルを科学の楽園のように考えています。結局のところ、ヒンズー教の宇宙論では、スメルは宇宙の中心です。彼は南西のウィドダレンからスメルに登ることを選びました。彼はまた、1838年にマハメルのスメル山のプチャックの頂上に首尾よく立った最初の人物としての地位を確立しました。

オランダ領東インドの旅行者は、水曜日にスメル山のふもとでクンボロの美しさを楽しんだ。(ウィキメディアコモンズ) 

G.F.クリングネットの成功は、実際に他の旅行者を招待しました。次々と世界の旅行者がスメルにやって来ました。それらのすべてがマハメルの頂上に到達することを目的として来たわけではありませんが。一部の旅行者は、スメル山のふもとで時間を過ごし、ラヌクンボロの美しい景色を楽しんでいます。

スメル山の名声の勢いは、1900年にバタビアの観光局である公式観光局ヴァルテブレーデン(オランダ領東インド観光庁の前身であるVereeniging Toeristenverkeer)が発行した手帳の存在によっても引き起こされました。 ジャワ、ワンダーランド、名前。 この本には、スメル山を含むジャワのすべての主要な観光地のプジャが含まれています。

「モエンガル(ムンガル)の通りを通り抜ける途中、南から素晴らしい景色が見えました。そこには、山頂のスメルが優雅に立って、朝日のまばゆいばかりの光線の下にいるのが見えます。

「スメルは、まるで私たちが想像力を鮮やかな色で描いたかのようにはっきりと見えます。緑の糸杉で覆われた森を伴って、広い青い空を描く」とオランダ領東インドの観光振興本、ジャワ、 不思議の国 (1900)に書かれています。

スメル噴火

オランダ領東インドの主力観光地としてのスメル山の存在は混乱しました。ジャワで最も高い山の噴火は1909年8月29日から30日にすべてを変えました。特にジャワ島全体、山麓周辺の村に災害をもたらした自然災害。

噴火の影響で命を落とした人々は少なくありませんでした。何百人もの人々が亡くなり、失われた命は約208人、500人の魂だと言う人もいます。一方、噴火で甚大な被害を受けた村は38村に達しました。

スメルの噴火は数万人の住民を避難させました。避難した人々はほとんどすべてを失いました。家族、財産、そして生計の源からも。人々はまた、スメル山の噴火をデランプテルマジャン:ルマジャン災害として 覚えています。

オランダ領東インド全体が悲しんでいました。自然災害の存在は深い悲しみをもたらしました。さらに、影響を受ける人々は少なくありません。オランダ領東インドの人々全員を良心を動かしたのはこの勢いでした。彼らは敵対行為、特にブミプトラとオランダ人を一瞬忘れました。

2022年12月4日日曜日にスメル山が噴火したときの熱い雲の落下。(BNPB)

ブミプトラ、中国人、アラブ人、オランダ人、その他の民族が団結して、ルマジャン災害の犠牲者への援助を募りました。彼らは人類から団結し、援助を分配するための一時的な委員会を設立しました。目標は、援助を集めて配布できるようにすることです。

「一方、マレーの新聞は慈善団体の資金を受け取る権限も与えられており、特にペルニアガの新聞は、約1,000ギルダーの読者から十分な寄付を得ています。読者として、ブタウィの中国国家がその恩人から、ブタウィのエールステ・トネル・フェリーニヒング ・チャイニーズ・オペラがマンガ・ベサールのタリアのショウブルク(芸術館)で公演を行い、約2000ギルダーの収入が義務的なものに引き 渡されたことはその努力から明らかであると述べていることも知ることができます。」

「中華民族の努力を見てください。国は一般的にも、私たちの国と一度は励ましの演説をすることができました。なぜなら、国と一緒に国の子供たちがビジネスをしてきたからです。ブディ・ウトモでさえ取り残されていません、スラバヤでは管理者が危険のために資金を調達しに行きました、これは賞賛され、例として取られなければならない行為です」とティルト・アディ・ソルジョは言いました メダン・プリジャジ 新聞 (1909)イスワラN.ラディティヤとムヒディンM.ダーランが本 で編集した ティルト・アディ・ソエルジョ全集:プレス、 運動、および国籍 (2018)。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)