レッドベルベットは2年後にインドネシアの観客の興奮を欠場
Kポップボーカルグループレッドベルベット/写真:アンタラ

シェア:

【ジャカルタ】前回インドネシアを訪れてから約2年後、K-POPアイドルグループ「レッドベルベット」がファンを楽しませるためにステージに登場した感想を語った。

「私たちを最も感動させ、(インドネシアに来ることを)寂しく思うのは、インドネシアのファンからこのような(興奮の)声を聞いたことです」と、5月22日(日)のアンタラを引用して、スールジのレッドベルベットのメンバーの一人は語った。

ジョイ、エリ、アイリン、ウェンディといった他のメンバーも、スルギの印象に賛同した。

「今夜はみんなで一緒に楽しめたらいいな」とウェンディは観客を元気づけながら言った。

韓国の芸能事務所SMエンターテインメントグループはその後、彼らの人気曲を披露した。

また、レッドベルベットがオープニングを飾り、最新曲「Feel My Rhythm」でファンの憧れを叶えました。

続いて、ReVeluvを一緒に歌わせて踊らせることができる一連の曲が続き、「Queendom」、「Hello, Sunset (Dashi Yereum)」、「Red Flavor」など。

 


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)