ジョコウィ大統領のSOEへの命令:迅速に適応したいなら、グローバル企業と提携する
NTTでSOEの社長に説明しながらインドネシアのジョコ・ウィドド大統領(写真:アンタラ経由の大統領事務局/ライリー・ラチェフ報道局)

シェア:

ジャカルタ - インドネシアのジョコ・ウィドド社長(ジョコウィ)は、技術の急速な発展に伴い、新しいビジネスモデルを開発するグローバル企業パートナーを見つけたいと国営企業(SOE)に依頼しました。

「迅速に行きたいなら、我々はそれを適応させる、最速の方法は、グローバル企業が最も良いパートナー、招待することです」と、ジョコウィ大統領は、ジャカルタで監視されているアンタラが報告した大統領事務局の公式YouTubeチャンネルが放映したように、SOEの社長に語りました。次の10-20年の間に、インドネシア大統領は世界の主要国の地位に入ると言いました。

「どのグローバル企業が一番いいの?招く。私は私たちと一緒にいたいと思います。今後10~20年の間に、世界のトップ4の経済を引き上げ、見通しを評価しました。誰がしたくないですか?すべてを望んでいます」と、彼が言いました。

社長はSOEが世界の産業で競争できるようにしたいと考えています。そのため、SOEのビジネスモデルは、技術の急速な発展に対応し続ける必要があります。SOEは、産業革命4.0、技術の混乱の時代に対応し、COVID-19パンデミックの中で経済状況から新しいビジネスモデルを学ぶ必要があります。

社長によると、産業革命4.0の時代を乗り切るためには、これらの技術の開発に適応するために、企業は人材とビジネスエコシステムを準備する必要があります。

「技術の適応という名称が必要になり、実現できないビジネス変革の名は、必要に応じていった。「我々は我々を数えるだけだ、我々はレースだ」と大統領は言った。

また、経済価値や効率の価値に常に細心の注意を払い、実施したプログラムの内部収益率などのビジネス指標を考慮に入れて、SOEに対して注意を喚起しました。

「このSOEが国営企業であれ、社会的影響も計算されるので、数えてください。そして最も重要なことは、レビューは経済を続けています。「カウント、計算、我々は将来の成長がどのようなものになるかを知ることができます」と、ジョコウィ大統領が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)