円田浮動発電所が住友、ソシエテ・ジェネラル、スタンダードチャータードから正式に資金を受け取る
図。(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - 145メガワット(MWac)の容量を持つ東南アジア最大の発電所であるシラタ浮遊太陽光発電所(PLTS)プロジェクトは、資金調達完了または財政閉鎖の段階に達しました。資金は3つの国際銀行機関から来ています。

PT PLN(ペルセロ)のズルキフリ・ザイニ取締役社長は、三井住友銀行(SMBC)、ソシエテ・ジェネラル、スタンダードチャータード銀行の3つの国際銀行を発表しました。

さらに、ズルキフリは、この財政的近い段階の達成は、PT PJBインベスタシ(PJBI)と発電所ジャワバリマスダールソーラーエナジー(PTSE)の親会社として、電力pltsシラタとPT PJB(発電所ジャワバリ)のバイヤーとしてのplnの完全なサポートの結果であると言いました。

その後、シラタ浮遊発電所は、51%の株式を保有するPTペンバンキタン・ジャワ・バリ・インベスタシ(PJBI)とアラブ首長国連邦に拠点を置くマスダル社の49%を持つPTペンバンキタン・ジャワ・バリ・マスダール・ソーラー・エネルギ(PMSE)によって管理されます。

「このプロジェクトは財政的に近い段階に達した神に感謝します。「これは、プロジェクト資金のニーズが国際銀行の支援を受けていることを示す重要なステップです」と、彼は8月3日(火曜日)の「シラタ浮遊発電所の財政閉鎖宣言」で言いました。

ズルキフリは、資金調達支援の買収に伴い、建設段階は継続できると述べた。建設の進捗は5月17日から始まり、現在はエンジニアリング設計の詳細段階にあります。2022年11月に事業を展開する「円周田浮動発電所」。

「我々は、pltの開発が、クリーンで信頼性の高い経済的エネルギーを提供するPLNの取り組みの一環として、ebt開発、特に競争力のある関税を伴うプラトの引き金になることを望む」と彼は説明した。

一方、PJBIのアミール・ファイサル社長は、mwacあたりの推定投資ニーズは100万米ドルに相当すると述べた。これは、必要な総投資額が約1億4,500万ドルまたはRp2.1兆(1ドル当たり14,500ドルの為替レートを想定)に相当することを意味します。

「これらの投資のうち、外国の貸し手による80%、私たち自身(PJBIとマスダールからなる株式)による20%」とアミールは言いました。

その際、国有企業(SOE)のパハラ・ヌグラハ・マンスーリー副大臣は、国家戦略プロジェクトとして、シラタ浮遊発電所は他の地域でのEBTプラントの開発のパイロットになると予想されると述べた。インドネシアが2025年までに23%のEBTミックス目標を達成するためには、大幅な排出削減努力を支援しています。

国際協力に加え、シラタ浮遊発電所はインドネシア国営企業、PLN、アラブ首長国連邦国営企業マスダールとの合弁会社です。

「このプロジェクトは、両国間の協力強化の基盤となると期待しています。さらに、雇用を創出し、地域経済を引き上げることによって、周辺地域に利益をもたらすことが期待される」と彼は言った。

「シラタ浮遊発電所は、アラブ首長国連邦のEBT世代のグローバルリーダーの一人から、EBT開発における学習、技術移転になると予想されています」と、彼は続けました。

詳細については、円器浮遊発電所は、250ヘクタールまたは貯水池の総表面積の3%をカバーする円周貯水池に建設されています。電気購入契約スキームまたは購入電力契約(PPA)は、25年間、ビルド、所有、運用転送(BOOT)スキームを持つ。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)