BUMNバッテリー保持はIBIと名付けられ、6月に発足する予定です
図。(写真:アンタラド)

シェア:

ジャカルタ - 電気自動車(EVバッテリー)プロジェクト加速チームのアグス・ジャハジャナ会長は、電気自動車用バッテリーを保有するBUMNの設立は2021年6月に完了する予定であると述べた。

さらに、アグスは、国営バッテリー持株会社はPTインダストリ・バテライ・インドネシアまたはIBIと名付かれると述べた。

「行為がないのに、名前はすでにそこにあります。副大臣の目標は少なくとも6月である。しかし、昨日会議を開いて合意があったので、進歩からもっと速くできると思います」と、彼は3月4日木曜日のバーチャルな議論で言いました。

計画通り、IBIには4つの国有企業が含まれる。彼らはPTインドネシアアサハンアルミニウム(ペルセロ)またはマインドID、PTアネカタンバン(ペルセロ)Tbkまたはアンタム、PTペルタミナ(ペルセロ)、およびPTペルサハーンリスブリックネガラ(ペルセロ)別名PLNです。

「各株式の約4分の1」と彼は言った。

アグスは、実行される投資計画は、生産されるバッテリーの容量に依存すると言いました。予備的な計算によると、必要な投資額は2026-2027年まで130億ドル(1,85.25兆ドル当たり1,85.25兆ドル)に達する見込みです。この投資予測は、30GWhに達する生産能力をサポートすることです。

さらに、Agusは、容量の70%が満たされれば、投資は195 GWの容量で170億米ドルに達すると言いました。

「195GWの生産能力を作るには、年間約15万トンのニッケルが必要です。私たちはまだいつ、どのくらいについてパートナーと真剣に話しています。それが実装されている場合、それは合計を決定します」と、彼が言いました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)