2024年6月に稼働する、これらはフリーポート銅製錬所に関する多くの事実です
製錬所のイラスト(写真:間)

シェア:

ジャカルタ - PTフリーポートインドネシアは現在、東ジャワ州グレシックのJIIPE経済特区(SEZ)に2番目の銅製錬所を完成させています。

PTフリーポート・インドネシアのジェンピノ・ンガブディ副社長は、製錬所の建設は順調に、目標通りに進んでいると述べた。

「製錬所の建設の進捗状況は現在計画通りであり、2024年6月に稼働する準備ができています。PTFI製錬所は2024年8月に生産を開始し、その後2024年12月末までにフル稼働する」とジェンピノは3月1日(金)の公式会議で述べた。

このプロジェクトはPTFIの2番目の製錬所です。最初の製錬所は1996年に建設され、2023年12月末時点で最大31億米ドルまたは48兆ルピア相当の投資額を持つPT製錬所によって管理されています。

この製錬所は、ダブルフラッシュスミッシング技術を使用し、PMR水銀製錬所変換を使用しており、銅、金、純粋な銀の延べ棒、プラチナグループ金属(PGM)のカソードを製造することができます。一方、得られる副産物は硫酸、スラグ、石膏、鉛である。

世界最大のシングルライン設計を備えた銅製錬所は、170万トンの生産能力を持つ銅精鉱を精製し、年間最大60万トンの銅カソードを生産することができます。

試運転・試運転手続きは2024年5月末まで実施し、20204年6月に操業を開始し、同年8月に最初の生産を行いました。一方、フル稼働までの生産増強は2024年末に予定されている。

そして、この製錬所の建設で吸収された労働力は34,000人で、99%がインドネシアから、56%が東ジャワからでした。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)