政府は、税金の休日と税金の委託のインセンティブが2024年に継続されることを保証します
パフォーマンスと事実のための国家予算(KiTa)に関する記者会見でのスリ・ムルヤニ財務大臣。(財務省ドック)

シェア:

ジャカルタ-政府は、来年もビジネス界に税制上の優遇措置の形で財政刺激策を提供し続けることを保証します。

スリ・ムルヤニ財務相は、来年の政府による免税や税控除などの税制上の優遇措置など、いくつかの財政的インセンティブが維持され、基準も以前の政策から変更されていないと述べた。

「確立された刺激策が、税控除、免税期間などの付加価値を高めるものであるさまざまな活動のためのものである場合、それは残っており、基準は同じです」とスリ・ムリヤニは12月3日日曜日の声明で述べました。

スリ・ムリヤニ氏は、デジタル部門から下流部門まで、免税措置と税控除プログラムを利用できるセクターは18あると述べ、この規定は2023年と同じです。

彼によると、このセクターは、その発展を支援するために必要であると考えられているものです。

「したがって、彼がデジタル、ダウンストリーム部門、付加価値があると考えられるさまざまな活動、そして彼がパイオニアである、または開発が必要であると考えられる分野に含まれている場合、私たちはまだ提供します。また、投資省/BKPMと合意したさまざまな投資インセンティブプログラムもあります」と彼は言いました。

一方、政府は住宅建設部門の刺激策も引き続き支援しています。2023年にプログラムを継続し、2024年6月まで20%で20億ルピア未満の住宅に対する政府負担付加価値税(VAT DTP)を伴う税制刺激策。一方、2024年7月から12月にかけて、DTP VATインセンティブは50%です。

「その後、電気自動車の場合、需要を増やすために、また投資に対する税務対応の観点から、さまざまな税制上の優遇措置も伝えました。だから、その側から何も変わっていない」と彼は締めくくった。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, and French versions are automatically generated by the AI. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)