2025年までに炭素排出量を23%削減する貢献を目標に、BRIは175万本の木の苗木を植えたいと考えている
写真:ドク。ブリ

シェア:

ジャカルタ - PT銀行Rakyat Indonesia(Persero)TbkまたはBRIは、「BRI植林」プログラムを通じて175万本の木の苗木を配布しました。このプログラムにより、BRIは炭素排出量の削減を通じて気候レジリエンスを維持するための政府プログラムを支援すること にコミットしています。

「BRIは、5年間で最大108,065tCo2eの排出量を削減したいと考えています。この数字は、BRIが生み出す炭素排出量削減の貢献の23%に相当します」と、BRIのスナルソ社長は10月4日火曜日にメディアに声明で述べました。

スナルソ氏は、2020年のBRIにおける電気と燃料使用のカーボンフットプリントまたはカーボンフットプリントは469,847 tC02eに達し、2025年には361,782 tC02eに減少すると予測されていると述べた。この計算は、BRI植林で分布する生産樹木のCO2吸収能力が樹木1本あたり年間88.11kgの仮定に基づいており、分布する植物種子の潜在的な死亡率を考慮に入れています。

「炭素排出量の削減に加えて、BRIプランティングは、コミュニティ、特に環境、社会、ガバナンス(ESG)の実施を共同で強化するMSMEアクターへのエンパワーメントを高めるBRIの取り組みの1つです」と彼は言いました。

スナルソ氏は、BRI植林を通じた彼の努力は、コミュニティの生産性を高めることができると付け加えた。一方、BRIは、種子の使用が最適に行われ、コミュニティが利益を感じられるように支援を続けています。

「顧客が人々のビジネスクレジット(KUR)を支払うと、私たちは種子を提供し、顧客はそれを植えて世話をする必要があります。このイニシアチブは実施され、何十万もの種子がコミュニティに配布されました」とSunarso氏は説明しました。

BRIの植林は、2022年に75万本の苗木を植え、2023年にさらに約100万本の苗木を植えることを目標としています。2022年9月末までに、BRIプランティングは376,000本の木の苗木の配布と植え付けに成功しました。

2022年の目標では、754,000個のうち、約376,000個の種子が村の土地に配布され、BRIユニット人民ビジネスクレジット(KUR)から既存の顧客向けに227,000個の種子が、2022年9月末までにBRIユニットKURから新規顧客向けに151,000個の種子が配布されました。

木の苗木の配布は、インドネシアのさまざまな地域の799のBRIユニット、236の支店、および17のBRI地域事務所によって行われています。与えられた植物種子の種類は生産的な木の一種であるため、炭素を吸収できることに加えて、結果に使用されるコミュニティにより多くの価値を提供することもできます。

配布されている樹木の苗木の種類には、ドリアン(33.64%)、マンゴー(22.45%)、アボカド(21.80%)、グアバ(5.79%)、オレンジ(2.39%)、その他の樹種(14.65%)が含まれます。

「例えば、庭に15本のアボカドの木と10本のマンゴーの木を植えましたが、2年後にはこの木が日陰になり、多くの二酸化炭素を吸収し、果物がコミュニティでも使用できるようになることを願っています」とSunarso氏は付け加えました。

BRIプランティングイニシアチブは、3PまたはPro People、Pro Planet、Pro Profitのコンセプトを実装する際にも同社をサポートしています。プロピープルのコンセプトでは、BRIはコミュニティの福祉を改善するためのさまざまなプログラムを奨励しています。これは、生産作物の管理が地域社会に経済的価値を提供することが期待されるBRI植栽に示されています。

会社が運ぶプロ利益は、BRIが受け取った直接利益に限定されません。さらに、BRIは、特に零細・中小企業(MSME)の顧客に対し、ビジネス能力を高め、「アップグレード」に成功するよう引き続き奨励しています。継続的にエスカレートするクレジット分配は、成長を続ける零細・中小企業(MSME)に対する支持の明確な証拠である。

持続可能な方法では、生産プラントの提供とエンパワーメントは、排出量の削減とプロプラネットのコンセプトに沿ったBRIの貢献であることが期待されている、と彼は述べた。彼の党は、この生産的な作物を農村部と都市部の両方に分配することができると楽観的です。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)