7月に入ると、コングロマリットのジョギ・ヘンドラ・アトマジャが所有するコピコ、アスター、ベンベン、トラビカ、チョキ・チョキなどの市長生産者が4,695億3,000万ルピアの配当を分配する時が来ました
写真:ドク。美しいマヨラ

シェア:

ジャカルタ - 加工食品メーカーのPT Mayora Indah Tbk(MYOR)は、4,695億3,000万ルピア(1株当たり21ルピア)の配当金を分配します。これは、2022年6月28日の定時株主総会(AGMS)の決定によるものです。

同社は2021年に親会社に帰属する純利益1.2兆ルピアを計上した。その使用に限らず利益剰余金残高は7,395億1,000万ルピアに達しました。

一方、2022年1月から4月までの期間のMYORの売上高は10.4兆ルピアで、前年同期比6.2%増の4,500億ルピアの純利益を計上した。

そして、コングロマリットのJogi Hendra Atmadjaが所有する会社の配当分配スケジュールは次のとおりです。

- 通常市場および交渉市場での配当:2022年7月6日 - 通常市場および交渉市場での配当金 2022年7月7日 - 現金市場での配当:2022年7月8日 - 現金市場での配当金:2022年7月11日 - 記録日:2022年7月8日16:00 WIB-配当金の支払い:2022年7月27日


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)