BTN:PMNによる増資の必要性とMBRの住宅開発を支援する権利問題
図。(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - PT銀行タブンガン・ネガラ(ペルセロ)TbkまたはBTNは、国家資本の追加(PMN)と権利問題による増資の提案が実行され、その1つは低所得者向け住宅(MBR)の開発を支援することであったことを明らかにした。

BTNのハル・コエスマハルギョ所長は、6月30日(木)にジャカルタで開かれたインドネシア共和国下院第6委員会との公聴会で、特にMBRにとって、住宅の必要性は依然として非常に高いと説明した。

「1,275万件の住宅残があり、61.7%の家族が不適格な家に住んでいます。さらに、家を必要とする年間70万〜80万の新しい家族の成長があります」と、7月1日金曜日にAntaraが報告したように、彼は言いました。

また、インドネシアの国内総生産(GDP)に占める住宅所有ローン(KPR)の割合は、まだ3%程度と比較的低く、すでに5%を超えている近隣諸国よりも低い。

「実際、住宅部門は174の産業サブセクターに大きく貢献しています。住宅部門もCovid-19期間中は回復力があり、依然として前向きに成長しています」と彼は付け加えました。

ハル氏は、中産階級の成長と都市化の傾向も、住宅部門を奨励できる要因であると述べた。2030年までに6,000万人が新しい中産階級を追加すると予測されており、2035年までに人口の66%が都市部に住むと予測されています。

一方、政府はまた、住宅部門、特にMBRセグメントにおける2020-2024 RPJMNが住宅ローンの対GDP比を2024年に4%に引き上げることを目標としているセクターの開発にも大きな注意を払っています。家族の70%がまともな家に住んでいます。2020年から2024年にかけて150万戸の住宅補助金。

内部的には、最大の資産を持つ10行の自己資本化のうち、BTNの自己資本比率(CAR)は19.1%で、20%を超える他の銀行の中で最も低い。

BTNの現在の資本構造では、2017年から2021年にかけての補完的資本利子の累積コストは2.1兆ルピアに達し、償却資本は年間1.8兆ルピアに達しました。

「BTNは資本の可能性と条件を考慮して、PMNと権利問題を通じて追加資本を提案している」と彼は述べた。

ハル氏は、提案された5兆ルピアの増資から、政府は住宅銀行に4.9兆ルピアを拠出することに合意したと説明した。政府の参加は2兆9,800億ルピアに相当する新株の60%に達し、残りの1兆9,800億ルピアは国民参加の一部となった。

「私たちが提出した提案は5兆ルピアです。政府の参加は、政府の60%のシェアに従っています。いくつかの議論の結果、政府の割合は約2兆9,800億ルピアです。権利問題の総数は4兆9000億ルピアになるだろう」と彼は語った。

春氏は、増資の目的は資本構造を強化し、MBRの資金調達がRPJMNの目標に沿って増加し、将来の事業成長に資することであると説明した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)