ワクチンの輸入は、6月が4兆ルピア相当の5300万回分に達するまで続く
イラスト(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - 政府は国内のニーズを満たすためにCOVID-19ワクチンの輸入を継続することが知られています。

財務省(Kemenkeu)の報告書から、2022年6月9日までにワクチン輸入額は4兆ルピアで記録されていたことが明らかになりました。

スリ・ムリヤニ財務相は、この数字は5340万回分以上のCOVID-19ワクチンの導入に使用されたと述べた。

「これは保健部門におけるPC-PENの財政政策の一部です」と彼は仮想チャンネルを通じて述べ、しばらく前に最新の国家予算の実現について記者に説明しました。

財務大臣によると、ワクチンの輸入はパンデミックに対処する上での国家優先プログラムの1つです。

これを支援するために、政府は関税と物品税の免除の形で税制上の優遇措置を提供することを決定しました。

「ワクチン輸入に対する財政的インセンティブは、これまで8,310億ルピアに達しています」と彼は言いました。

州財務官はまた、同じ施設がパンデミック(1,970億ルピア)に対処する目的で医療機器(アルケ)の輸入にも適用されることを明らかにした。

「政府はまた、保税地域のビジネス界に財政的インセンティブを提供し、輸出目的の輸入施設(KITE)の容易さは136億ルピアにのぼります」と彼は言いました。

したがって、6月上旬までの税関と物品税の分野におけるインセンティブの合計は1兆4000億ルピアに達しました(特にCOVID-19パンデミックへの対応)。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)