財務省、CPO輸出禁止が国家歳入に支障をきたさないことを保証
イラスト(写真:ドク。ケメンケウ)

シェア:

ジャカルタ - スリ・ムルヤニ財務大臣は、ジョコ・ウィドド大統領が少し前に発表したCPO輸出禁止政策は、国家歳入の仮定に大きな影響を及ぼさないと述べた。

その理由は、このルールは1ヶ月未満しか有効ではなく、海外でのCPO販売のためのタップが再開されたためです。

「私たちが作成し、DPRに提出した前提には、最大1ヶ月ではないcpo輸出禁止の要素が含まれています。したがって、私たちの推定受け入れから何の変化もありません」と彼は5月23日月曜日に彼のオフィスで記者団に声明を出しながら言いました。

情報として、政府は先週、財務省(Kemenkeu)を通じて政府を通じて、今年420兆ルピアの増加で増加すると推定される国家歳入について議会に伝えた。

「これには、420兆ルピアの変更と、大統領が発表した発表(輸出の開始)など、通常に戻る輸出見積もりが含まれています」と彼は言いました。

ちなみに、財務省は、CPO輸出禁止措置が輸入関税に与える影響は、1カ月で9,000億ルピアに達したと発表した。さらに、インドネシアはこの政策により、22億ドル相当の潜在的な外国為替を失うと推定されています。

国家予算の態勢では、2022年4月まで、関税・物品税部門は、以前の78.7兆ルピアから108.4兆ルピアへと年率37.7%の成長を記録した。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)