経済成長を牽引する製造業の工業団地の開発
食品産業における生産活動の様子(写真:アンタラ)

シェア:

ジャカルタ - 欧州委員会のリ・スゲン・スパルウォト委員長は、製造業の工業地帯の発展はインドネシアの経済成長の加速を促進する可能性があると述べた。

「労働、資本、技術などを吸収することに加えて、工業団地の拡大は、製造業がどのように押し出され、その発展が国内総生産(GDP)の構成においてはるかに良くなるかにも注意を払わなければならない」とRDPのSugeng氏は述べた。5月19日木曜日、ジャカルタのセナヤンにあるヌサンタラIビルで、産業省標準化産業サービス政策庁(BSKJI)の長官およびレジリエンス、領土および国際産業アクセス(Dirjen KPAII)局長とのDPR RIの委員会VII。

Sugeng氏は、インドネシアの外貨準備高がこの半年間で増加したことに感謝の意を表している。

しかし、商品の構成の面では、業界は大きく成長していないと考えられています。

一方、彼が受け取った多くのメモでは、製造業部門は国内総生産(GDP)の構成が減少しました。

「かつては1,410億ドルに上った外貨準備高は、いかに脆弱な一次産品輸出額ですが、政府がパーム原油(CPO)の輸出を禁止したため、2週間で約30億ドル減少しました。これはまた、商品が支配している比例して、脆弱な点もある」と彼は言った。

一方、第7次DPR委員のヌルハサン・ザイディ氏は、日々加速している産業の発展と成長にもっと迅速に対応するためには、国家が立ち会わなければならないと強調した。

彼によると、産業の成長は現在非常に速く成長しているので、国家はそれを予測するのに遅すぎないようにそれをバランスさせることができなければなりません。

「明らかに産業時代は大きく成長しました。産業はしばしば私たちが設計したものよりも速く成長するので、確かに、人々は取引し、ビジネスの人々は非常に迅速に考えます。私たちは規制を設定していません、彼らはすでにより速くなっています。それはビジネスマンとも呼ばれ、(あなたがビジネスパーソンでなければ)それを予測するのは遅すぎます」と彼は言いました。

ヌルハサン氏は、今日の産業発展が直面している課題の1つは、農業時代から工業時代への移行であると付け加えた。

この移行は、地域のライフスタイルの変化に影響を与えていると彼は続けた。

このため、移行に対処するための慎重な計画だけでなく、企業や地方自治体との良好な実施と相乗効果が必要です。

「時々、この地域の工業企業は、相乗効果を得るのが難しい、したくない、先生。だから、お父さん(BSKJIの社長でKPAII事務局長)は紙の上では良いですが、まだ実装はしていません、緑地である工業地帯の問題は言うまでもなく、あなたは産業がグリーンだと言いますが、実際にはあなたが望むことを何でもしたいのです、先生、ライセンス問題、廃棄物問題などの問題、 これはどんな問題なのか、誰がコントロールしているのか、今となってはそれはまた別の問題だ」と彼は締めくくった。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)