株価指数は先週8.73%急落し、株式時価総額は690.45兆ルピア減少した
インドネシア証券取引所ビル。(アンガ・ヌグラハ/VOI)

シェア:

ジャカルタ - 過去1週間(5月9日~13日)の総合株価指数(JCI)の下落は、取引所の時価総額を自動的に損ないました。5月13日金曜日の時点で、その価値はRp8,864.56兆でした。

このデータは、5月13日(金)のインドネシア証券取引所(IDX)のプレスリリースに含まれています。取引所の時価総額は前週の9兆5,555.01億ルピアから7.23%減少した。

これは、過去1週間の取引所の時価総額が690.45兆ルピア減少したことを意味します。

このノートは、前週の7,228.91から6,597.99に8.73%下落した総合株価指数(JCI)の下落と切り離すことができませんでした。

同取引所の1日平均取引高は、前週末の243億9300万株から11.56%減の215億7300万株で取引を終えた。一方、取引所の1日平均取引額も23兆9,500億ルピアから14.63%減の20兆4,500億ルピアとなった。

取引所の1日平均頻度は、前週の146万回から3.54%増加して152万回になりました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)