テロ資金のスペースが狭くなっている、BI-シンガポール中央銀行は特別協力を構築することに合意
イラスト(写真:アンタラさん)

シェア:

ジャカルタ – インドネシア銀行(BI)とシンガポール金融管理局(MAS)は、マネーロンダリング防止やテロ資金供与防止(APU-PPT)などの決済システムの革新に関する合意に達したと伝えられています。

インドネシアのペリー・ワルジヨ総裁は、この相乗効果は、中央銀行の分野におけるますます複雑化する課題に対応する上での真の行動であると述べた。

「これは、デジタル経済と金融を進めるとともに、マネーロンダリングやテロ資金供与と戦う上での、両中央銀行の協力努力である」と、1月23日(日)に引用された報道声明の中で述べた。

ペリー氏によると、この合意には、金融政策、マクロプルーデンス政策、金融安定、支払・決済システムの監督、規制・監督の枠組みが含まれる。

「MoU(覚書)は、インドネシアとシンガポールの間で様々なプロジェクトで協力する共通の関心を反映している」と強調した。

同じ機会に、シンガポール金融管理局の常務理事は、この協定は以前に構築された協力を補完すると述べた。

「この覚書は、金融イノベーションや決済接続など、相互利益の分野における両中央銀行間のパートナーシップ強化と連携強化に対するMASのコミットメントを示している」と述べた。

情報提供に関しては、政策対話、情報交換、技術協力、イノベーション協力、技術ワーキンググループの形成など、様々な形態の活動で実施される、今後のBI-MAS協力の基盤となる。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)