村のコミュニティヘッドにおけるCOVID-19の知識と陰謀説
西ジャワ州ボゴールのチカラワン村のコミュニティ(写真:Ramdan Febrian / VOI)

シェア:

ジャカルタ-インドネシアでは、COVID-19が369人に感染しています。その中で、17人が回復し、32人が死亡した。少し前に、ボゴールのカンポンチカラワンの状況を監視して、COVID-19に関する人々の意見を収集しました。実際、そこにある情報の流れは最小限であるだけでなく、「ワイルド」でもあります。 COVID-19を中国のインドネシアに対する戦争の武器と見なしている社会を想像してみてください。

[クリックして味わう]

3月18日(水)正午、西ジャワ州ボゴールのドラマガ地区チカラワン村に到着しました。当時、コミュニティはチカラワン村のモスクで会衆の中で正午の祈りを行っていました。モスクに到着する前に、「DirgahayuRI-45」と書かれた門が出迎えてくれました。この村には、国の独立宣言を祝う印が今も残っています。

門から右側の近くにある家々を見ながら道を歩いた。一方、左側には、道路と渓谷を隔てるガードレールがあります。

T字路から約300メートル歩いた後、お店に寄りました。私たちの向かいにはバイク修理店がありました。温かいブラックコーヒーを飲みながら、1時間近くその様子を観察しました。この観察から、チカラワン村のコミュニティによる距離を維持するための目に見える努力はありません。

チカラワン村の集落

時々、彼らの何人かは家の庭でおしゃべりをしているのが見られます。私たちが観察した家から数メートルのところに、多くのバイヤーに囲まれたピーカブーが見られました。そのほとんどは子供でした。奉仕している間、ピーカブーは隣の男とおしゃべりに夢中になっているように見えます。

別の活動は、建設作業員がいる建設中の家で見られました。チカラワン村の人々は、コロナウイルスとCOVID-19病について知りません。私たちが出会った居住者のアンギは、疫病が脅かされていたとしても、人生は続けなければならないと言いました。アンギは明らかにCOVID-19の危険性を理解していませんでした。

実際、3日前の3月15日日曜日、ジョコ・ウィドド大統領(ジョコウィ)は、インドネシア全土の人々に社会的距離を置くよう呼びかけることを発表しました。もっとそう。なぜなら、3月17日火曜日の午後、または私たちの訪問の1日前に、当局はCOVID-19の症例が134から172に急増したことを発表しました。発表では、当局は5人の死亡も宣言しました。

「たとえば、一週間働かなければ食べられない…名前も生計を立てている。ここの住人はいつものように働いており、バイクを運転している人もいれば、建設作業員もいる」と語った。アンギ。

チカラワン村の住民

別の居住者であるムヒディンは、彼の村の社会的状況では社会的距離をとることができないことを明らかにした。 「このような環境で距離を保つように言われたら難しいだろう。誰が感染しているかわからない限り、関係ない(距離を保つ)。現時点では、だれがわからない。感染しているかどうか。後で距離を保つと、その人は気分を害します。感じ続けるのは難しいです。」

ムヒディンはまだ優れています、彼はテレビのニュースからこの距離を保つことの魅力を知っています。私たちが会った他の住民は、彼らが社会的距離の魅力について何も知らなかったことを認めさえしました。ソレは、地方自治体による社会化はなかったと私たちに語った。

「ほとんどの情報はメディア、ワシントン州からのものです。それについての訴えはありません。ここの環境はまだ存在していません。地元の政党から、村、RWから、距離を維持することについて訴えていません。 、まだです。少なくとも、あなたの気持ちを守ってください」と彼は言った。

深くなるほど、私たちの訪問はより面白くなりました。チカラワン村のコミュニティ間での情報の配布が最小限であるだけでなく、野生であることがますますわかっています。ある居住者のデイビッドは、彼の見解を私たちと共有しました。彼によると、COVID-19はインドネシアを破壊する中国の方法です。その理由は、ナツナ海でインドネシアと中国が緊張した後にCOVID-19が発生したためです。

「基本的に、中国は意図的にインドネシアを爆撃したいと言う人もいる。しかし、道はスムーズで、美しくプレーする。問題は、ナトゥナ海戦後に発生したコロナ事件だ」とデビッドは理論化した。

MUIファトワ

近くのモスクに戻ります。チカラワン村のモスクで会衆の祈りをしたばかりの多くの人々に会いました。私たちは、インドネシアのイスラム教徒に家で祈るように呼びかけるインドネシアウラマー評議会(MUI)のファトワを懸念しています。

彼らは彼らがファトワを知らないことを認めます。それで、もちろん、ファトワでMUIが推奨したように、人々が自分の祈りのマットを持ってきたのは見られませんでした。実際、祈りの後、住民はまだ握手をしているのが見られました。

私たちの訪問の2日前、正確には3月16日月曜日、MUIは、コロナウイルスのパンデミック中の宗教的慣行に関するファトワを発行しました。ファトワ5号では、伝染の可能性が低い地域では、祈っている間コロナウイルスにさらされないように身を守ることが義務付けられていると述べられています。

「直接の物理的接触(握手、抱きしめる、キスする)がない、自分の祈りのマットを持参する、石鹸で手を頻繁に洗うなど」と彼は書いた。

しかし、それは明らかに住民のせいではありません。彼らは最も不幸です。無知は彼らを危険にさらします。当時、ボゴールリージェンシーでは症例はありませんでした。ボゴールで記録された唯一の症例は、ボゴール市の行政区域にあります。ボゴール市長のBimaAryaは、COVID-19の検査で陽性となったのは、センプール地域に搭乗していたボゴール農科大学の学生であると発表しました。

「Covid-19の検査で陽性となったのは、センプール地域の下宿に住んでいたジャカルタの住民でした。情報はジャカルタ保健局から伝えられたため、ボゴール市の住民ではありませんでした。学生のステータス」とビマ氏は短期間で確認した。 CNNIndonesia.comへのメッセージ、火曜日(17/3)。

状況が変わりました。これは、3月19日木曜日に収集した情報によると、ボゴールリージェンシーが3つの陽性症例を記録し、そのうちの1つが死亡したためです。新しい展開には、3月20日金曜日の朝にCOVID-19に前向きであると発表したボゴール市長BimaAryaに関するニュースも含まれています。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)