2021年第1四半期の3.7兆円の売上、エカ・チプタ・ウィジャジャ・コングロマリットが所有する製紙会社チウィ・キミヤ
図。(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - PTパブリク・ケルタス・チウィ・キミヤ・Tbk(TKIM)は、今年の最初の3ヶ月間にあまり説得力のないパフォーマンスを達成しました。シナール・マスグループの会社は、2021年第1四半期に売上と純利益が減少しました。

6月23日(水)に引用されたインドネシア証券取引所(IDX)ページに掲載された同社の財務諸表に基づき、2021年3月末に故エカ・チプタ・ウィジャジャが所有する企業の売上高は0.19%減の2億6,677万米ドル(約3.7兆ドル)となった。前年同期の同社は、2億6,730万米ドルの売上高を引き続きポケットに入れた。

詳細には、2021年の最初の3ヶ月間のチウィ・キディアの売上高は、文化紙の売上高が1億8,531万米ドルで支えられ、年間ベースで13.12%減少しました(yoy)。その後、産業および他の紙の売上高は8,146万ドルで、前年同期比50.90%増加しました。

TKIMの売上コストは、2021年第1四半期に0.67%減少し、2020年第1四半期の2億3,236万米ドルから2億3,079万米ドルとなりました。

その結果、チウィ・キマニアの粗利益は3月末に3%増の3,598万米ドルとなった。前年同期の一方で、TKIMは3,493万米ドルの売上総利益を計上しました。

3月末時点で、TKIMは営業費用2,378万米ドルを計上し、2020年第1四半期の営業費用1,811万米ドルから31.27%増加しました。

その結果、Tjiwi Kimiaは7,499万米ドル相当の親会社の所有者に帰属する純利益しか得ることができなかった。2020年第1四半期の純利益から51.99%減少し、1億5,623万米ドルとなりました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)