エネルギー・鉱物資源大臣、リダ・ムリヤナを事務総長に任命し、職員の階級を見直し
イラスト(写真:ドク。間)

シェア:

ジャカルタ - エネルギー鉱物資源大臣(ESDM)のアリフィン・タスリフは、エネルギー鉱物資源省内の役職の構成を見直しました。

アリフィンは、2022年8月1日に引退したエゴ・シャリアルの後任として、リダ・ムリヤナをエネルギー鉱物資源省の事務総長(事務総長)に任命した。

さらに、アリフィンは14人の新しい階級の役人を任命した。

宣誓した役人の詳細は次のとおりです。

1 電力局長を務めたリダ・ムリヤナ M.Sc がエネルギー鉱物資源省事務総長に就任

2. Ir. Mustafid Gunawan, M.E. 以前は上流石油・ガス事業開発局長を務め、石油・ガス総局が石油・ガスプログラム開発局長に任命されました。

3. ヌール・アリフィン・ムハンマド、S.T.、M.SIE.それ以前は、石油・ガスインフラ計画・開発担当ディレクター、上流石油・ガス事業開発ディレクターに任命

4. ラオデ・スレーマン、S.T.、M.T.は、以前は電力、新エネルギー、再生可能エネルギー、省エネルギーの人材育成センター長を務め、石油・ガスインフラの企画・開発ディレクターに任命されました。

5. イング博士Tri Winarno, S.T., M.T.は、以前は鉱物・石炭総局のアソシエイト・エキスパート・ポリシー・アナリストを務めていましたが、鉱物・石炭プログラム開発ディレクターに任命されました。

6. 地質庁長官を務めたエディアール・ウスマン博士(M.T.)が鉱物開発局長に任命されました。

7. 鉱物・石炭総局の鉱物開発開発局長を務めた M.Sc M.Env.Eng.Sc・スゲン・ムジヤント博士が地質庁長官に任命されました。

8. アルベルトゥス・スセティヨ・エディ・プラボウォ M.Si は、電気・新エネルギー・再生可能エネルギー・省エネルギー人材育成センター長に就任しました。

9. Ir. Dwi Anggoro Ismukurnianto, M.Sc. 以前は石油・ガス総局石油・ガスプログラム開発局長を務めていた人物が、地質学・鉱物・石炭人材育成センター長に就任しました。

10. エネルギー鉱物資源人材開発庁地質・鉱物・石炭人材開発センター長のバンバン・ウトロ、S.H.M.、M.ENV.Studが装置人材開発センター長に就任

11. アリアナ・スマント、S.T.、M.T.は、以前はエネルギー鉱物資源省の事務局長のアソシエイトエキスパート広報官を務めていましたが、石油・ガス試験センターの所長に就任しました

12. ジュリアン・アンバサドゥール・シディク博士(S.T.、M.T.)は、以前はエネルギー・鉱物資源人材開発庁の一般課長を務め、現在は鉱物・石炭試験センターの所長に任命されています。

13. Ir. Senda Hurmuzan Kanam, M.Sc. 以前はアソシエイトエキスパート政策アナリストを務め、電力総局は電力、新、再生可能エネルギー、省エネルギー測量試験センターの所長に任命されました。

14. Priatin Hadi Wijaya博士(S.T.、M.T.、以前は地質庁のアソシエイトエキスパートポリシーアナリスト)が海洋地質調査・マッピングセンターの所長に任命されました

15. Erdila Indriani博士(S.Si、M.T.)がAkamigas Energy and Minerals Polytechnic, Energy and Mineral Resources Human Resources Agencyのディレクターに任命されました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)