一次産品価格の暴落、スリ・ムリヤニ・サンバンギDPRが予算増額を要求
スリ・ムルヤニ財務大臣(写真:Doc.ケメンケウ)

シェア:

ジャカルタ - スリ・ムリヤニ財務大臣は本日、現在の価格上昇に対応するために国家予算を増やす意図について理事会の承認を求めるために、DPRに行く予定です。

この計画では、財務大臣が財務副大臣(Wamenkeu)Suahasil Nazaraを伴って議題に同行します。この情報は、財務省の内部情報源から入手したものです。

「財務大臣と財務大臣のBanggar(予算庁)dpr riとのワーキングミーティングの議題は、一次産品価格の上昇に対応した追加予算の承認について議論しています」と財務省からの情報は本日5月19日木曜日に引用されました。

知られているように、重要な商品、特にエネルギーの価格の上昇は、インドネシア共和国にとって両刃のナイフのようです。第一に、インドネシアは優れた輸出品、すなわち石炭とパーム油(CPO)からより多くの収入を得ているため、高価格の恩恵を受けています。

しかし、その一方で、輸入ルートで得られる燃料油(BBM)の価格上昇により、補助金の負担は国が負担しなければならない。

Voiの記録では、2022年1月から2月までの燃料エネルギー補助金、LPG、電力の価値は21.7兆ルピアに達しています。この数字は、2021年に12.2兆ルピア、2020年に10.8兆ルピアにのぼるエネルギー補助金の支払いの実現から急増した。

財務大臣自身は、政府が補助金の支払い不足としてペルタミナとPLNに109兆ルピアの延滞があると述べた。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)