まだCOVID-19との戦争で、保健省は礼拝所でのサフを閉鎖することを許可していない
イラスト(アンスプラッシュ)

シェア:

ジャカルタ - 保健省の直接感染症予防(P2PML)のディレクター、シティ・ナディア・タルミジは、礼拝の場所での会衆の祈りは列を閉じることができなかったと述べました。

なぜなら、インドネシアの現在のCOVID-19事件は傾斜しているにもかかわらず、健康プロトコルの適用を緩和すべきではないと彼女は言った。

「健康プロトコルを緩和することが許されない場合、距離を保つことが許されない、礼拝の場所でスタッフを閉じることはできません」と、ナディアは10月22日金曜日に引用された仮想ディスカッションで言いました。

ナディアは、現在、国家COVID-19ワクチン接種のカバレッジがまだ群れの免疫に達していないことを思い出させました。一部の地域ではワクチン接種の達成率が既に高いが、全ての地域でワクチン接種率が均等に分布しているわけではない。

「現在、我々はまだCOVID-19と戦争中であり、最初の用量を受け取ったのはわずか50%であり、まだ2回目の用量を取得しなければならない68%がいる」とナディアは述べた。

言うまでもなく、インドネシアは現在、COVID-19症例の第3波に直面する可能性を秘めています。念頭に置いて、まもなく、預言者の誕生日、クリスマスの日、新年2022年までの活動があります。

このようなお祝いは、通常、人々の機動力を高めるだろうと、彼は言いました。移動性の増加に続いてコロナウイルスの感染が増加することが懸念される。

「これらの可能性は、第三の波が起こることを避けられない、もちろん、我々はまだパンデミックが終わっていないことを国民に思い出させ続けなければならない」と彼女は説明した。

したがって、ナディアは、インドネシアのCOVID-19症例の第3波または第3のスパイクは間違いなく起こると言いました。しかし、現在、パンデミックは制御下にあります。

「このCOVID-19病のパターンがいくつかの波を引き起こすと述べている科学出版物が1つあるのを見たので、第三の波は必需品です」と、彼女が言いました。

インドネシアは2020年11月から2021年1月にかけてCOVID-19の第1波を経験しました。このケースの急増は、預言者の誕生日の長い休日の後に発生し、その後2021年のクリスマスと新年の休日が続きました。

一時的に傾斜した後、インドネシアのCOVID-19症例は再び跳ね上がり、2021年6月から7月に第2波に入りました。これは、イードの休日とデルタバリアントのエントリのために起こりました。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)