イラスト-(マヘサアーク/VOI)

シェア:

ジャカルタ - ルフト・ビンサール・パンジャイタンとハリス・アズハル、10月21日(木)に行われる予定のファティア・マウリディヤンティの仲介が再スケジュールされます。しかし、メトロジャヤ警察は、この調停スケジュールのときに確実性を与えていない。

ハリス・アズハルの弁護士ピーター・エルは、調停の取り消しの理由は調査によるものだと述べた。調査チームは放棄できない作業を行っています。調停プロセスが遅れました。

「私は捜査官と会ったが、今日の出来事は捜査官によって延期されたことが判明した」とハリス・アズハルの弁護士ピーター・エルは木曜日に記者団に語った。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)