ラフマット・ハルソノ(写真:サビッチ・ラボス、DI:ラガ/VOI)

シェア:

ジャカルタ - インドネシアのパンデミックが2021年6月、7月、8月にピークを迎えた時、ラハマット・ハルソノはサマトール・グループの社長として、医療用酸素のニーズについて話し合うために保健省との調整を止めませんでした。

Rachmatによると、これは不安な問題ですが、一方では医療酸素の不足に目をつぶることはできませんが、産業部門の顧客もサマトールのガスやその他の製品も絶え間なく接触する必要があります。

人道的配慮では、医療酸素生産が優先されます。一度正常に、生産は元の状態に戻ります。

以下のビデオをご覧ください。


The English, Chinese, Japanese, Arabic, French, and Spanish versions are automatically generated by the system. So there may still be inaccuracies in translating, please always see Indonesian as our main language. (system supported by DigitalSiber.id)